社会保険証

 

社会保険証
社会保険証

 

 

前回の記事では、大手鉄鋼会社の協力会社では全ての企業ではないのですが社会保険の加入をしていない会社があるということをお話ししました。前回では知り合いと書きましたが実際は、私の弟です。

 

普通であれば「そんなこともあるよな。」というのが一般意見だと思いますが、長年社会保険に加入している会社にいると「そんなことあるの?」と言うような意見にかわります。

 

そのような意見が大手の鉄鋼会社の幹部の発言なのです。長年会社員として勤めるとそのようなことが当たり前であって、加入してもらえない企業の社員のことは全くわからないというお粗末さです。

 

さて今回は、社会保険に加入してもらえていない会社員のために参考になればと思い攻撃編として記事を書こうと思います。

 

この記事で学べるのは、事業主が社員を社会保険に加入させてくれない場合の対処方法です。

 

 

汚い事業主は自分だけ社会保険に加入して逃れている!?

 

 

 

このブラック企業は、どこまでも汚い会社だというのが分かったのは、千葉県の木更津市にある木更津年金事務所に電話した時のことです。

 

電話に出てくれた担当の方に、業種、会社の所在地、会社名、社長名を伝え確認したところ、このほかにも色々言いましたが、社会保険には加入してるということを伝えられたのです!!(建設業といういうことで対応がはやかったかもしれませんが。)

 

社員を加入させていないのに社長が加入しているというのだ。

 

これが汚い会社のやり口なのです。私たちが社会保険事務所に電話する以前に、社会保険事務所から加入の査察が来ていて、自分だけが加入して会社として加入しました。という演技をしていたのです。

 

会社が社員を加入させなければ、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金です。まずは自分が入ることでこの罰金を逃れたのだと思います。

 

しかし、旧社会保険事務所は、査察によりバレたのを機に強制加入ということではあるのですが、この悪徳企業は、もう一つ考えていたのでした。というより、アホな経営者はわかるはずもなく悪知恵えを授けている裏の奴がいるのでしょう。

 

次回は、「ブラック企業の奇策・社会保険事務所もだまされている!?」と事実の話をしようと思います。

 

まとめ

 

このように、悪徳業者に苦しめられているのは、あなただけではないのです。まずは、あなたの会社(本社所在地管轄の)、私の弟の場合は千葉県の木更津年金事務所になりますが、電話します。

 

年金事務所のサイトは下記からどうぞ。

https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

 

上記からサイトにとびますので、あなたの会社の本社の住所を調べてから担当の年金事務所を調べてくださいね。

 

もし会社を辞める予定や会社と戦うという気持ちがある方であれば、実名で話せば、旧社会保険事務所はすぐに動いてくれます。(今回はちがいますが。)

 

今回は、匿名ということで電話しているので、少し時間がかかりました。

 

社会保険の加入条件を自分が満たしているか覚えておいてください。

 

詳しいことは、下記のPDFを見てもらえればわかります。

https://www.nenkin.go.jp/jigyonushi/index.files/1101.pdf

 

 

しかし、これで問題解決とは悪徳ブラック企業は、一味違う・・・。次回は、年金事務所の方も見たほうがいいですし、権限をもう少し広げたほうがいいのではというブラック企業の奇策をご紹介。