PM2.5って何?どうする原因と対策
大気汚染

ここ数年、テレビのニュースなどで「PM2.5」というワードを聞くことが増えました。

 

なんとなく大気汚染の原因なんだろうな、とわかる人が多いと思いますが、果たしてそれが一体なんなのか?正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、PM2.5って何?という疑問にお答えすると同時に、原因と対策についても説明します。

 

これさえ読めば、もうバッチリです。

 

PM2.5って何?

 

 

早速ですが、PM2.5とは一体なんのことでしょうか?

PMとは「particulate matter」の略であり、PM2.5とは大気中に浮遊している直径が2.5μm以下の超微粒子のことなのです。

 

なお1μmとは1mmの「1000分の1」ですから、決して肉眼で見ることはできないサイズというのはなんとなく想像が付きますね。

 

さらにPM2.5とは髪の毛の太さの30分の1のサイズと言われていますから、こちらの方がよりイメージがわくかもしれません。

 

つまりPM2.5とは特定の物質のことを指しているわけではなく、直径2.5μm以下の炭素やケイ素、硫黄酸化物など大気汚染の原因となるの総称なのです。

 

PM2.5の原因は?

この小さな微粒子は、工場から排出される煙や自動車の排気ガス、船や飛行機のエンジン、鉱物などの採掘場から出る細かい塵などが発生源です。

 

また火力発電所だったり、石油系の溶剤なども主要な発生源として知られています。

 

つまりPM2.5とは、私たちが便利で文化的な生活を送ることによって発生する代償の一つであるということができるでしょう。

 

日本において、これまで取り組んでいる工場の煤煙発生施設の規制や清浄機の設置、自動車の排気ガス規制の効果により、大気中のPM2.5は減りつつあります。

 

しかし、今爆発的に発展途中である中国ではそのような規制はほとんどなく、PM2.5は垂れ流し状態になっています。

 

そして春先頃になると、西から吹く風に乗って黄砂とともに日本へとやってきます。

 

PM2.5の対策は?

 

マスク
マスク

 

PM2.5の対策を考える前に、なぜPM2.5が問題となるのでしょうか?

 

それは、これらの微小な粒子は呼吸とともに肺の奥深く、肺胞にまでまで入り込みやすく、結果として気管支喘息や呼吸器系の炎症のリスクとなりうるからです。

 

また最近の研究では、PM2.5は心臓や血管といった循環器系の病気になることもわかってきています。

 

そんな恐ろしいPM2.5ですが、どのように対策すれば良いのでしょうか?
PM2.5の濃度が高くなると、自治体によって注意喚起情報が発令されます。

 

このような注意喚起情報が発令された場合、不要不急の外出はできるだけ控え、窓をしめるようにすることをお勧めします。

 

お部屋の中で空気清浄機を利用するのもお勧めです。

 

それでも止むを得ず外出しなければいけない場合、サングラスはやりすぎですが、マスクの着用はするようにしましょう。

 

特にお年寄りや小さなお子さんは成人よりも顕著に健康被害を受けやすため、より注意が必要です。

 

スポンサードリンク