年越しそばを食べる意味を子供にわかりやすく教えるには
年越しそば

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

毎年大晦日になると、必ずテレビでそばを食べる人の姿が映し出され、また日本全国の家庭でもそばが食べられます。

 

大晦日に食べるそばのことを「年越しそば」と言い、昔からの「慣習」になっています。慣習のため、何気なく食べていますが、慣習には始まった由来が必ずあるものです。

 

年越しそばの意味を子供から聞かれて、『そばは細くて長いから、細く長く生きられるように願うのよ』と、答えるお母さんがほとんどです。

 

一概に間違いとは言えませんが、年越しそばには色々な意味が込められています。今年こそ子供にしっかり年越しそばの意味を分かりやすく伝えられるようにしましょう。

 

年越しそばの起源

 

年越しそばは江戸時代から続く日本の文化です。

 

1814年に出された「大坂繁花風土記」という書物には、『十二月三十一日晦日そばとて、皆々そば切をくろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す』という記述があります。

 

従って、江戸時代にはすでに大晦日に年越しそばを食べることが広まっていました。

 

実は、最初から大晦日にそばを食べていたわけではなく、江戸時代の中期に商家で行われていた「三十日(みそか)そば」という慣習が、年越しそばの起源とされています。商家の奉公人は月末になると、掛売りの代金の集金や、棚卸しで忙しくなります。

 

そこで、仕事が終わった後、主人が奉公人をねぎらうため、そばを振舞っていました。

 

この「三十日そば」が広く全国の一般庶民の間に伝わるようになると、大掃除や正月の準備をすませた大晦日の夜にそばを食べるようになったのが年越しそばの由来です。

 

ちなみに、江戸時代は脚気(脚のしびれ)を患う人が数多くいました。当時は『そばを食べると脚気にならない』と伝えられており、それがまた江戸時代にそばを食べる習慣の根付いた背景になっています。

 

脚気の原因はビタミンB1の不足であり、そばにはビタミンB1が豊富に含まれているため、そばを食べると脚気の防止に繋がりました。

 

年越しそばに付けられている名前

 

 

当時の年越しそばは色々な意味を表す名前で呼ばれていました。

 

寿命そば

現在でも一番多い意味になっている、そばが細くて長いことから延命・長寿を願う。

 

福そば

金細工の職人が散らばった金粉を集めるのにそば粉を練った団子を使うことから、そばは金を集める縁起物とする。

 

縁切りそば

そば粉の多いそばは切れやすいことから、1年間の苦労を翌年に持ち越さないことを願う。

 

年越しそばまとめ

 

年越しそばは仕事を終えた労をねぎらうために振舞われたことが始まりです。なお、年越しそばに入れる薬味のねぎについても「労ぐ(ねぐ)」という言葉をもじったものとされています。

 

年越しそばは年越しという意味から、食べるのは大晦日の夜(12時前まで)が最も適しています。

 

スポンサードリンク