酉の市

スポンサードリンク



毎年、年末の11月になると、東京の浅草にある「鷲(おおとり)神社」の「酉の市」がテレビで何回も放映されます。ただ、江戸時代に始まる酉の市の起源は、東京都足立区にある「大鷲(おおとり)神社」で行われている秋の収穫祭と伝えられています。今でも「本の酉」と呼ばれています。

酉の市とは

酉の市と呼ばれるようになったのは、大鷲神社に祀られている日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の命日である11月の酉の日に収穫祭が行われたことに由来しています。

酉の市は毎年11月の酉の日(十二支の「酉」にあたる日)に開催され、11月最初の酉の日を「一の酉」、次を「二の酉」、3番目を「三の酉」と言います。年によっては三の酉の無い年があり、俗に『三の酉のある年は火事が多い』と言われていますが、その意味は分からないというのが実態です。

酉の市の熊手

酉の市では熊手を購入するのが風習となっていますが、この熊手が売られるようになった由来にはいくつかの説があります。よく言われているのは、日本武尊が天下統一の帰りに勝利のお参りをした時に、戦で使われた「熊手」を神社の松にかけて勝利を祝ったことが始まりというものです。

ちなみに、その日が11月の酉の日であったことが酉の市の始まりという説もあります。

収穫祭が次第に商売繁盛や開運招福を願うお祭りへと変化していく中で、酉の市で売られていた農具の熊手が、いつしか縁起物とされるようになります。

なお、熊手にはその形が鷲が獲物を掴んでいる様子に似ていることから『福を掴んで離さない』や、落ち葉などをかき集めることから『福を集める』という、験を担ぐ意味もあります。

また、時代の流れとともに色々な願いを込めて、以下のような縁起物(指物、さしもの) を熊手に飾るようになりました。

おかめの面

おかめの面

おかめは「お多福(おたふく)」とも呼ばれており、福を多く招くという意味が込められています。江戸時代から熊手の中心に飾り付けられていました。

めでたい縁起物の定番です。大漁豊作、商売繁盛などの思いが込められています。

蕪(かぶ)

カブ

蕪は「根が増える」、「株分け」などの意味が含まれています。

「ますます」繁盛を意味する縁起物です。枡の中に恵比寿と大黒の入っていることがあります。

巾着

巾着

巾着は財布のことであり、お金がたくさん入るようにとの願いが込められています。

米俵

米俵

五穀豊穣(ごこくほうじょう)という縁起を担いだものです。

小槌

小槌(こづち)

七福神の大黒が手に持っている縁起物です。小槌を振れば願い事が叶えられると言い伝えられています。

まとめ

酉の市には色々な説がありますが、生活に大事な農作物の豊作を祝ったのが始まりです。

熊手は大事な農具であり、熊手をきれいに飾ることには、五穀豊穣、商売繁盛の願いが込められています。

このような見方で酉の市に行ってみると、面白い面が見えてきますよ。

スポンサードリンク