鷲神社

 

スポンサードリンク



 

ニュースなどで年の瀬の足音が聞こえる時期によく耳にする「酉の市」という言葉。

 

名前だけは聞いたことがあっても、どんなイベントで、どこでやっているのかは知らないという方が多いのではないでしょうか。

この記事では、この「酉の市」の起源と、テレビや新聞で紹介されるくらい有名な開催地を紹介します。

酉の市の由来・起源

 

酉の市とは、毎年11月の酉の日にお寺や神社で行われるお祭りのことです。

 

酉の市の起源にはおおまかに3つの説があるため、順番に説明していきます。

 

まず、お祭りとしての酉の市の起源は、江戸時代に現在の東京都足立区花畑にある大鷲神社で行われていた、秋の収穫祭とされています。

 

この収穫祭では、実りへの感謝のしるしとして生きた鶏を奉納したそうです。

 

続いて、神道つまり神社における酉の市の起源には日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が関わってきます。

 

日本武尊は大鷲神社で祀られている神様で、東征の際、戦勝祈願を鷲宮神社で、戦勝のお礼参りを大鷲神社で行いました。

 

このお礼参りが行われたのが11月の酉の日だったため、これにちなんで、11月の酉の日に大鷲神社で酉の市が行われるようになりました。

 

最後に仏教、つまりお寺での酉の市については、浅草の長国寺での鷲妙見大菩薩の御開帳の日が11月の酉の日で、その日に境内に立った市が起源とされています。

 

起源が3つもあるなんて、一体どれが正しいの?と思われるかもしれませんが、どの説が正しいというものではありません。

 

酉の市が行われる寺社によってそれぞれに伝わっている起源があるのです。

 

どれが正しいの?よりは、私が行きたいと思っている酉の市の起源はどれだろう?という視点で考えるのがよさそうです。

 

有名な酉の市はどこ

 

酉の市

 

まず、酉の市の起源となった収穫祭が行われていたとされる東京都足立区の大鷲神社の酉の市。

 

 

また、東京都台東区の浅草にある鷲神社(浅草の長国寺の境内にあります)と、東京都新宿区の花園神社、東京都府中市の大國魂神社の酉の市は関東三大酉の市と呼ばれており、例年賑わいを見せています。

 

浅草の鷲神社で行われる酉の市は、もっとも規模が大きく有名な「酉の市」です。

 

なんと縁起物の熊手を売るお店だけで150店舗、その他のお店も含めると900店舗もの屋台や出店が立ち並び、例年計70万人もの人が訪れます。

 

酉の市がどういうものなのか気になるという方は、この鷲神社の酉の市に足を運んでみるといいのではないでしょうか。

 

さらに、神奈川県横浜市の金刀比羅大鷲神社の酉の市は、横浜市の無形民俗文化財に指定されています。

 

酉の市のまとめ

 

酉の市なんて初めて聞いたという人もいるでしょうが、神道と仏道で分かれますが戦勝祈願、収穫祭、大菩薩の御開帳の日として行われたものです。毎年11月の酉の日に行われるお祭りのことです。

 

もしあなたの住んでいるところから行ける神社が会ったら覗いてみるのも、面白ですよね。

 

もっと酉の市のことが知りたくなると思います。

 

スポンサードリンク