【実践してみた】住宅ローン借り換えの手順とやり方(本審査編)
住宅ローン本審査

 

 

スポンサードリンク



 

住宅ローンの仮審査はそれほど問題なく通った人も、住宅ローンの本審査となると、ちょっと緊張してしまいますよね。

 

私もその一人です。これは男性でも女性でも関係はありません。

 

住宅ローンの本審査となると、仮審査と違い、自分に対する細部の審査が行われるわけですが、それに伴い様々な書類が必要になってきます。

 

ここでの解説は、住信SBIネット銀行で必要書類になりますが、基本は他の銀行でも必要なものであるので説明していきます。(必要のないものもあると思います。)他の銀行で融資を受けようとする方は必ず、本審査を行う銀行の必要書類を確認してください。というか当たり前ですが・・・。

 

あくまでこれから住宅ローンを受けたい方、受ける方の参考になればと思い書いています。

 

 

住宅ローン本審査に必要な書類は?

 

 

この記事を読んでいただいているあなたは、会社から給与をもらっている会社員ということで説明します。(というか私がそうですから。)

 

他銀行からの借換えをお申し込みの方(ペアローンや収入合算の方は除く)

 

本人確認書類

 

健康保険証 コピー

住民票または住民票記載事項証明書 原本 本籍とマイナンバーの記載のないもの

 

現在借入のある人のみの書類

 

住宅ローン、マイカーローン、カードローンなどでお借入れのものすべて
(他の銀行で借りているもの)

 

あなたがお世話になっている銀行の

 

住宅ローン 返済予定明細表 コピー

マイカーローン 返済予定明細表 コピー

カードローン  返済予定表 コピー

 

 

諸費用明細

 

今回の住宅ローンの借換えに関わる費用

 

・繰上返済手数料

 

・経過利息(これに関してはあまり考える必要はないかもです。)

 

・登記費用(私は司法書士に支払う報酬を忘れていたので要注意です。)

 

抵当権設定・抹消等にかかわる費用

 

司法書士報酬・・・銀行指定の司法書士がほぼいます。報酬金額については司法書士にもよって違いますので、中には割高な司法書士もいるでしょう。もし、借り換えの銀行が司法書士の指定がなければ?自分で選べるかもしれませんが、司法書士との面談の関係もあるので割高でも銀行指定の司法書士が無難です。

スポンサードリンク

口座からの引き落としで住宅ローンを返済中の場合

 

住宅ローンを口座の引き落としで行っている人がほとんどだと思います。

 

通帳と取引明細

 

私の場合、千葉銀行でしたので千葉銀行の通帳の表部分と支店名、普通か当座か、口座番号、当然ですが自分の名前が載っているページをコピーと取引明細を最近1年分のコピー。

 

取引明細のコピーは、その銀行で住宅ローンの引き落としが本当にされているかの確認です。

 

銀行からの本審査用の書類を書き込む

 

 

銀行から送られてくる書類の記入になります。本来は画像を入れて説明していけばよいのでしょうが、銀行の機密情報もあるかもしれないので、「ここは何で必要なのか?」と不思議に思った場所に絞って解説していきます。

 

会社の設立に関しては、生まれてどのくらいの企業なのかを調べる必要があるのでしょう。お金を払って貸したのはいいが、取りぱっぐれがないようにするのは仕方がないことです。

 

大手の企業か、信用のある会社か、長年続いている企業かなど自分が務める会社の信用度を調べている

 

定年は、残りの住宅ローンの借り換え金額を、払い切れるのかどうかを調べるための基準ですね。

すごく大袈裟ですが、定年までの10年で住宅ローンの残額が1000万とかは、一般的には問題外ですし、払えるようでしたら借り換えなどはしないでしょう。

 

さらに、定年が60歳までなのに、75歳までの支払いには借り換え銀行が応じれるかなどもあるでしょう。

 

上記が私が疑問に思ったところで、それ以外はごく普通の内容ですので問題はないです。

 

すべて書き終えたら、封筒に入れて発送になりますが、必ず書類の不備がないか、入れ忘れの書類はないのかは、何度も確認するようにしてください。

 

住宅ローンの借り換え本審査の結果は、どのくらいで出る?

 

 

 

あくまで参考ですが、私の場合、2019年9月19日に審査が始まり終了が2019年9月27日に審査終了の連絡がきたので、9日位なので10日前後の時間を見れば結果が出るのではないでしょうか。

 

住宅ローンの借り換え本審査のまとめ

本審査の結果、10日前後はかかります。

 

本審査は、住宅ローン借り換え銀行に書類が到着してからの審査になるので、書類が送られてきたら速やかに記入し発送しましょう。

聞くのが面倒だからと言って、会社の設立時期を適当に記入するとか定年を5年のばすとかの嘘はやめましょう。間違いなく審査は落ちます。

 

最後に、提出書類の確認不備、記入漏れなどは、融資への時間を後延ばしにさせてしまい無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

発送時は、何度も確認を忘れないようにしましょう。

ちなみに、今回で終わりではありません。次回は、住宅ローンの借り換え審査合格後の手続きについてです。

スポンサードリンク