おせち料理

スポンサードリンク



 

皆さんは、お正月におせち料理を食べますか。ひと昔前は当たり前でしたが、最近では、おせち嫌いな人もいますよね。
が、おせち料理は昔からのしきたりみたいなものです。
 

一人暮らしの方の中には、中々食べる機会が無いという方もいるかと思いますが、そのような方も、実家で過ごしていた頃には、食べた経験があるという人も多いと思います。

 

お正月休みで実家に帰省した時には、食卓に出てきますよね。

 

まさに、日本のお正月の定番といった感じですね。

 

さて、そんなおせち料理ですが、そもそも、海老や昆布などの食材はどういった基準で選ばれたのでしょうか。

 

今回はそのような、おせち料理の意味や由来について解説していきます。きちんと知識を得ておけば、来年のお正月におせち料理を作るとき、または食べるときに少し楽しくなるかもしれませんよ。

 

子供にも自慢で来てしまうかもですね。
 

おせち料理の意味

 

それではまず、おせち料理の意味について解説していきます。

 

つまり、それぞれの食材がなぜ選ばれているかということですね。
 
 

数の子

 

数の子

 

初めに数の子です。数の子は魚の仲間である、ニシンの卵です。

 

そして、実物を見てみるとわかりますが、とても卵の粒の数が多いんですよね。

 

その姿から、卵の数、つまり子供の数が多い、そこから転じて子孫繁栄を願う縁起物となりました。
 
 

黒豆

 

黒豆

黒豆です。黒豆は名前の通り、見た目が黒いです。その様子から、「黒く」日焼けするほど「マメ」に働くことができるようにという意味で、食べられるようになりました。
 
 

紅白かまぼこ

 

かまぼこ

そして次は、紅白のかまぼこです。紅は魔除け、白は清浄の意味があるそうです。自分たちの家族を、清らかにするという願いが込められているということですね。
 

伊達巻

 

伊達巻

その他、伊達巻には形が巻物に似ていることから、知識が増えるようにという願いが、栗きんとんには、きんとんのような黄金に輝く宝を手に入れられるような豊かな1年になるようにという願いが込められています。
 

昆布巻き

 

昆布巻き

さらに、昆布巻きには「こぶ」が「よろこぶ」に通ずるとされているからなど、おせち料理にはそれぞれの食材、料理に1つ1つ意味が込められているのです。

そのどれもに、新しく始まる1年を、家族全員が楽しく、健康に過ごせるようにという思いが含まれているんですね。

普段何気なく食べているおせち料理には、意外と深い意味があったんです。
 

おせち料理の由来

 

それでは、おせち料理は一体いつ、どんな風に始まったものなのでしょうか。

もともと、おせち料理は「節供料理」の意味で、五節供のうちの1つです。

五節供とは、元旦に加えて、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日の5つの日のことを言います。平安時代、これらの日には、朝廷では、神様に料理を供えたり、またその料理を食べたりしていました。

その料理を御節供(おせちく)と呼び、それがおせちと略されるようになったそうです。

江戸時代になると、さらに簡略化され、お正月の料理を意味する言葉となりました。そしてそれが、現在のおせち料理に繋がっていったのてす。

思ったよりも、その歴史は深く、大昔から日本の人に親しまれてきた偉大な料理なんですね。

その他にも、普段忙しい奥様に向けて、正月くらいはゆっくりできるようにと、日持ちする食材を集めておせち料理が作られたという話もあります。
 

まとめ

 
今回は、おせち料理の意味や由来について学んできました。

当たり前のように食べているおせち料理ですが、食材1つ1つに家族の幸せを願う意味があり、さらにおせち料理自体も、平安時代から続く長い歴史のあるものであることがわかりました。

ぜひ、これからおせち料理を食べるときは、それぞれの食材の意味を意識しながら食べてみてください。

そうすることで、より料理に込められた願いを感じることができるかもしれません。