加齢臭

年を重ね40代になると男性、女性、関係なく気になり始めるのが加齢臭です。

 

加齢臭は、特に周りの人にとって、とても不快な臭いであり、例えるなら、脂臭い、チーズ臭い、おじさん臭いなど色々な臭いで表現されます。

 

そして、臭いは、種類や原因・発する体の部位などが異なり、人によっても個人差があって、臭いを発している本人は気づきにくいという特徴があります。

 

誰しも、周りから「クサイ」と思われたくありません。

 

では、自分の加齢臭を確認する方法は、あるのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク




 

自分の加齢臭をセルフチェック法

自分の加齢臭

簡単に自分の加齢臭をセルフチェックする方法は、いくつかあります。

加齢臭を発している体の部位は、頭皮や耳の後ろ、首の後ろ、脇、胸、背中などがあります。

 

脇部分にティッシュを押し当て臭いを嗅いでみるのが分かりやすく良いと思います。脇に押し当てたティッシュで臭うことがあればほぼ加齢臭とみて間違いありません。

 

数日使用した枕カバーを朝起きた時に匂いを嗅いでみるのも一つの方法ですし、使用済みの衣類の臭いをチェックする方法もよくわかります。

 

そして、汗を拭きとったタオルを数日おいてから嗅いでみてもいいです。

 

最近では、臭いをチェックする電子機器も登場しているので、余裕があれば購入してチェックしてもいいでしょう。

スポンサードリンク




 

加齢臭を予防するには

 

予防する方法は、いくつかあります。

まず、臭いの原因になっている皮脂をこまめに拭き取っていくことです。
入浴時には、発生する部位を集中的に丁寧に洗い流しましょう。

 

また、シャワーだけでは洗いなせないので、湯船につかるようにしてください。
最近は、加齢臭専用のシャンプーやボディーソープも登場しているので使用してみるのもいいかもしれません。

 

そして、普段の生活習慣を見直す必要があります。

 

アルコールやタバコを摂取することで臭いの加齢臭の原因物質が発生するので、できればやめた方がいいです。

 

運動不足も加齢臭の原因になります。

 

汗をかかないことで、毛穴や汗腺に皮脂がたまり酸化して、臭いの原因になります。適度な運動をして新陳代謝を活性化するとともに、発汗することで皮脂を排出しましょう。

 

食事では、野菜や果物を意識して摂取してください。

 

野菜や果物に含まれている抗酸化物質には、活性酸素を排除して皮脂の酸化を抑える作用があります。

 

まとめ

加齢臭は、生理現象なので仕方のないことではありますが、周りの人にとっても、自分にとっても不愉快な臭いに違いはありません。

しかし、この加齢臭をセルフチェックする方法や予防する方法があります。

 

臭いの原因の中には、悪い生活習慣も含まれており、自分の努力次第で改善することが可能です。
そして、臭いを抑えることは、周りの人たちに対するマナーなので、改善していきましょう。

スポンサードリンク