葬儀

祖父母や両親、兄弟といった身近な人が亡くなってしまうと大きなショックを受けます。

 

ですがショックを受けながらも親族であれば、葬儀の準備を進めて故人をしっかりと送り出さなければなりません。

 

最近では、故人の遺志もあり身近な人たちだけでやる家族葬が静かなブームを呼んでいます。

 

派手な葬儀を行って故人を送るのではなく、家族葬という形でこぢんまりとしていてしっかりとお別れができる葬儀を行うケースが増えているのです。

 

たしかにそうですよね。大きな式場で盛大に行うのもいいのかもしれませんが、親族が忙しくなってしまいしっかりとお別れができないなんて本末転倒なことにもなりかねませんよね。

 

そこで今回は、家族葬とはどういったものか、その場合の香典金額、職場から香典をもらったらの対処などを説明していこうと思います。
 

スポンサードリンク




 

家族葬とは

 

家族葬という名前を見聞きした事がある人は多くいますが、具体的にどういった形で行う葬儀であるかを理解していない人が少なくなかったりします。

 

しかも家族葬というネーミングから、家族だけで行う葬儀だと思い込んでいる人もいるものです。

 

ところが家族葬は、家族だけが出席する葬儀という訳ではないのです。

 

家族や親戚に加え、親しい友人等を招いて小規模で行う葬儀を示す言葉です。

 

故人と生前、深い関わりがあった人だけを呼んで葬儀を行う事で別れを共有し易くなる事から、中身の濃い時間を過ごす事が出来ます。

 

小規模と言っても特に明確な定義は存在していませんが、多くても参列者が30名程度の葬儀であれば家族葬という括りになる事が多いです。

 

そんな家族葬を行う際の流れは、一般的な葬儀と変わりはなかったりします。

 

通夜の翌日に告別式を行った後に、火葬するという流れが基本です。

 

更に家族葬が増えた理由についてですが、かつて程に地元での繋がりが希薄になって来た点を挙げる事が出来ます。

 

というのも特に都心部では隣近所の住人との付き合いがないケースも珍しくなく、かつての様に隣近所の人を大勢葬儀に呼ぶ必要もなくなった事から、家族葬の様に規模の小さな葬儀で済む様になっているのです。

香典金額はいくら

葬儀の参列者は香典を持って行く事が基本であり、家族葬でも事前に香典の受け取りを辞退する旨の連絡が無い限りは持って行くのがマナーとなっています。

 

もっとも持って行く香典金額は一般的な葬儀と同様であり、故人との関係により違いがあるのです。

 

例えば自分の両親が亡くなった場合は、5万から10万円程が相場であり、配偶者の両親や兄弟姉妹やその配偶者であれば3万から5万円程度で、職場関係や友人の家族、近所の人であれば5000円から1万円程度が相場となっています。

 

家族葬という小さなものですが、香典金額は一般の葬儀と変わりはありません。
 

 

職場から香典をもらったらどうする?

 

香典

家族葬を行い、職場の関係者を呼ばない場合でも慶弔見舞金という形で香典をもらう事があるものです。

 

そんな風に職場から香典をもらった場合に、お返しが必要であるかが気になるところです。

 

ですが慶弔見舞金は会社にとって福利厚生の一環として行われているので、お返しは不要であるのが一般的です。

 

だからこそ職場の会社名義で香典を受け取った場合には、お返しする必要はありません。

 

一般の葬儀と一緒で、個人が個人分と会社分の香典を用意していた場合に個人分の会葬御礼(会葬返礼品)の場合がいい例です。
 

まとめ

 

家族葬は規模の小さな葬儀を示す言葉で家族や親戚だけでなく、親しい友人や近所の方でも参加可能です。

 

更に香典の相場に関しても一般的な葬儀と同様であり、故人との関係性により金額に違いがあります。

 

加えて家族葬で職場の関係者を呼ばない場合でも、慶弔見舞金という形で香典をもらう事があるものです。

 

ただしこれは福利厚生の一環なので、お返しの必要はありません。

 

スポンサードリンク