ハロウィン

 

 

近年、日本ではクリスマス以上に「ハロウィン」で盛り上がる若者が増えています。

 

毎年のように、東京の渋谷駅前などで化粧をした若者の大騒ぎしている姿がテレビで映されます。

 

ただ、ハロウィンの起源や意味などを理解している人はそれほど多くないのが実態です。

 

スポンサードリンク




 

ハロウィンを祝う日

 

ハロウィンの日は10月31日です。日本の祝日などと違って日にちが変わることはありません。ただ、日

にちが決まっているため、曜日は毎年変わります。
 

 

ハロウィンの起源

 

 

ハロウィンは、古代(紀元前2300年から1800年頃)に東南アジアからヨーロッパを支配していたケルト人が行った祭が起源とされています。

 

ケルト人は10月31日を1年の終わりとしており、毎年この日に秋の収穫を祝う収穫祭としてハロウィンを始めました。

 

また、この時期になると現世と死者の世界との間に目に見えない「門」が開き、死者の霊や悪霊、魔女などが両方の世界を行き来すると信じられていました。

 

そこで、10月31日には秋の収穫祭とともに、悪霊や魔女が暴れたり、悪事を働いたりしないように、追い払いの儀式を行いました。これがハロウィンの起源です。
 

ハロウィンの化粧の意味

 

ハロウィンでは多くの人が悪霊や魔女に似せた化粧をします。これにはちゃんとした意味があります。

 

悪霊や魔女たちは人の魂を取ったり、あの世に連れて行ったりすると思われていました。

 

そこで、それから逃れるため、似せた衣装で仮装をし、『私はあなたたちの仲間です』と思わせました。

 

すると、悪霊たちは仲間と勘違いし、何もしないだろうと信じていました

 

ただ、化粧には異説があり、悪霊たちに魔物の仮装をした姿を見せることで、「人間は恐ろしいもの」と思わせて追い払ったとも伝えられています。

 

いずれにしても、仮装をすることで自分の身を守っていました。

 

その後、仮装の風習が慣例化し、日本では収穫祭という意味が薄れ、ハロウィンといえば仮装をする祭と誤解されています。
 

ハロウィンという名前の由来

 

ハロウィンの英語表記は「Halloween」ですが、これには以下の2つの説があります

 

1.キリスト教では毎年11月1日に「万聖節(聖人を記念する祝日)」が行われます。その万聖節(All Hallow’s)の前の晩(Eve)ということで、All Hallow’s EveがHalloweenになった。

 

2.神聖な(hallow)と夜(evening)が合わさってHalloweenになった。

ただし、ケルト人が生活していたのはキリストが生まれる前です。
 

まとめ

 

ハロウィンは古代のケルト人が行った収穫の祭と、悪霊追い払いの儀式のことです。

 

現在の日本には化粧をすることだけが伝わっているようです。なお、ハロウィンとキリスト教は関係ありません。

スポンサードリンク