七五三家族写真

七五三のお参りに行く時には親である自分たちの服装はどうします?

 

子供は衣装を借りたりすれば良いですが、親の場合は子供の一生の思い出だしかなり苦労しますよね?

 

親の服装がジーパンに・・・というのは恥ずかしい限りです。

 

また、父親と母親では選ぶ服にも大きく違いもあるようです。

 

「正装、正装」と言われてもよくわからないのが実情です。

 

まずは自分の子供を引き立たせるにはどんな服装が良いのかポイントを絞っていけば正装に近づいていくので紹介していきます。

 

スポンサードリンク




 

七五三のお参りするときの親の服装は?

 

母親の服装は、スーツやワンピースが良いようです。

 

また、色としては淡い色のパステルカラーの物が無難でポイントとなるようです。

 

スーツの場合では、ダーク系の物を選ぶのならネックレスやコサージュをつけたりインナーを明るくするのが良いようです。

 

さらには、ジャケットは必要となってきます。

 

また、スカートが一般的ですがパンツスーツでも問題はなさそうです。

 

和装の場合では、色無地の物や訪問着、付け下げなどが良と言えポイントとなってきます。

 

父親の場合は、仕事で着用しているスーツや冠婚葬祭で使うダーク系のスーツなら問題ないですし
、ネクタイの色は若干華やかさのある物を選ぶと良くポイントになりそうです。

 

さらには、無地やドットやペイズリー柄が良く、無地なら光沢のあるネクタイが良いです。

 

和装の場合では、黒やグレー系の紋付きです。

 

また、着物と羽織りでも問題ないです。
 

スポンサードリンク




 

この服装はダメというのはある?

 

母親の場合ですと、洋服の場合では色などは特に派手になりすぎるのは厳禁のようでポイントとなりそうです。

 

ノースリーブや胸元が開いているのは厳しいです。

 

和装の場合では、付下げ以下の小紋などは良くないようです。

 

そして留め袖は着る必要はないです。

 

父親の場合ですが、ジャケットやスラックスでも問題ないですがカジュアルになりすぎるのは良くないです。

 

さらには合わせるネクタイとして、白や黒、グレーは良くないです。

 

また、ネクタイでは斜めのストライプの入った物はフォーマルには向いていないので避けた方が良いです。

 

着物では、子供が着る着物が白っぽい色の場合では白い羽織りは良くないのでポイントになりそうです。

まとめ

 

母親が着る服装も父親が着る服装も、子供とのバランスを考えて着るのが最も重要だと言えます。

 

また、子供が主役の七五三なのでポイントを抑えた服装をするのが良さそうだと感じます。

 

また、フォーマルな場所だと言う事を考えて行くのが良さそうです。

 

子供を引き立てるのにふさわしい服装をする事で、失敗なく服を選ぶ事ができそうです。

 

七五三の時の子供の年齢はまだ小さいので、動きまわる子供をみている事ができる服装も大切だと思います。

スポンサードリンク