全日本空輸(ANA)

 

ANA(全日本空輸)のサイトや空港に行くとわかりますが、マイレージクラブ入会というのが目に付くと思います。

 

知らない方は、「何かわからないが、無理やり入会させられそう。」なんて思いますよね。

 

でも、入会した人やビジネスで何度もANAを利用したことが分かる人は、お得なのになんなんで入会しない!!

 

と心の中で思う人も多いはず・・・。

 

旅行やビジネスなどでANAを利用する機会の多い人は、「ANAマイレージクラブ」への入会が絶対にお得です。

 

ANAマイレージクラブは簡単に言うと、ANAの会員制度であり、会員にANAマイルという特典を提供するプログラムのことです。

 

そんなANAマイレージクラブ入会の入会のメリットてなんなのか見ていきます。

 

ANAマイレージクラブのお得なメリット

メリット

 

 

ANAマイレージクラブのメリットはANAマイルを貯められることである。

 

そのANAマイルを無償で航空券(特典航空券)に交換できることです。

 

 

その他、航空券の先行販売の利用や、ANA SKYコインへの交換による航空券や旅行商品の支払いへの充当などのメリットを得られます。

スポンサードリンク



ANAマイルの貯め方

 

貯める

 

ANAマイルの貯め方には以下の方法があります。

 

1.ANA国内線や国際線、提携航空会社でのフライト
2.提携ホテルやレストランの利用
3.ANAマイレージモールでのオンラインショッピング
4.ANAカードによるクレジット決済
5.他社ポイントからのANAマイルへの交換

ANA国内線や国際線、提携航空会社でのフライトができる

 

フライトによるマイルの付与は、搭乗区間と予約クラス/運賃種別によって異なります。

 

例えば、羽田-札幌で運賃種別が100%の場合は510マイルが付与されます。

提携ホテルやレストランの利用

ANAマイレージクラブ経由でANAが提携するホテルやレストランを予約すると、100円若しくは200円ごとに1〜2マイルが貯まります。

 

国内外合わせて30万の施設が対象になっています。

ANAマイレージモールでのオンラインショッピング

 

ANAマイレージモールとは、ANAマイレージクラブ会員になると利用できるネットショッピングモールのことです。

 

例えば、楽天市場なら200円ごとに1マイル、Yahoo!ショッピングなら300円ごとに1マイルが貯まります。

 

ショッピング以外のサービスの利用でもマイルを付与されます。

ANAカードによるクレジット決済

 

最も一般的なマイルの貯め方が、ANAの発行・提携クレジットカード(ANAカード)による普段の買い物の支払いです。

 

100~200円ごとに1マイルが貯まります。

 

ANAカードのラインナップは20種以上あり、カードによってマイルの還元率が変わります。

 

さらに、ANAカードを発行すると、以下などの特典を得られます。

・入会特典ボーナスとしてマイルが付与
・毎年継続利用すると、継続ボーナスとしてマイルが付与
・ANA便のフライトボーナスとしてマイルが付与

他社ポイントからのANAマイルへの交換

楽天スーパーポイントやTポイントなど、他社のポイントをANAマイルに交換することもできます。

スポンサードリンク



まとめ

 

ANAマイレージクラブの入会には入会費や年会費などの費用が一切かからず、会員登録するだけで会員資格が得られます。

 

また、ANAカード(クレジットカード)を発行すれば、日常的にANAマイルを貯められるようになります。

 

ANAの愛好者は絶対に入会しておくべきです。