光化学スモッグ

 

夏になると「光化学スモッグが発生しています。」という市からの放送がよく聞こえてきます。

 

 

光化学スモッグと聞くと、ずいぶん昔の公害ように思われますが、大気汚染の一種って知っていました?

 

 

わかりやすく説明すると、工場や自動車からは排出ガスや排気ガスがでていますが、その中に含まれている窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)などが、太陽からの紫外線に反応して光化学オキシダントと呼ばれる物質が発生します。

 

 

この光化学オキシダントは、気温が高くて風が弱く、太陽の日差しが強い日に高濃度になり、大気が白くモヤのかかった状態になります。

 

 

この現象を光化学スモッグといいます。

 

 

白くもやがかかっている状態をはっきり見ることは、多くはなくこれだという説明は、一度見てもらうしかありません。

 

 

日本では、1970年代に数万人の光化学スモッグによる被害が報告されていましが、近年は、年に数人の被害にとどまるまで改善されてきました。それでもまだ少数の人はなってしまうのです。

 

 

しかし、少数の人で済んでいるのは、排ガス規制などの対策が功を奏した結果です。

 

 

現在は、以前のような非常に高い濃度の状態は、少なくなってきましたが、光化学オキシダントの濃度は、増大傾向になっています。

 

 

これは、新興国による排ガスの排出量の増加や気温上昇によるものだと考えられ、全世界共通の課題になっています。

 

 

現在は、光化学スモッグが発生しやすい条件が揃った場合、各自治体で光化学スモッグ注意報を発令し住民に注意を促しています。

 

 

では、私たちが、光化学スモッグの被害を受けた場合、どのような症状が身体に出るのでしょうか。
また、その場合には、どの様な対策をすればよいのか紹介していきます。

スポンサードリンク



光化学スモッグの影響で身体に引き起こされる症状は?


 

 

 

光化学スモッグが発生し、主要物質の光化学オキシダントによって引き起こされる症状は、目やノド、皮膚に現れます。

 

 

目の場合は、チカチカするや痛み、涙が出るなどです。
のどの場合は、咳や痛みが出て、皮膚だと発赤が現れます。

 

 

重症になれば、手足のしびれ、めまい、頭痛、呼吸困難などの症状が出ます。
これらの症状を光化学スモッグ障害といいます。

 

 

もし、これらの症状が出たなら、一度病院で受診してください。

 

 

では、光化学スモッグ障害になった場合、どのような対策をすればよいのでしょうか。

光化学スモッグ障害の治療と予防

 

 

光化学スモッグ障害の症状は、目やノド、呼吸器に障害がでますと上記で述べました。

 

 

まず、症状を引き起こしている光化学オキシダントを取り除くために、目を水で洗浄し、手や顔、皮膚をよく洗い、うがいをするなどの対応をします。

 

 

そして呼吸器系疾患を有している方は、重症化する場合があり、酸素吸入などの呼吸管理が必要になります。

光化学スモッグ障害にならないための予防策

 

 

各自治体から光化学スモッグ注意報が発令されたら、屋外へなるべく出歩かないようにしてください。

 

 

また、光化学オキシダントが室内に入ってこないように窓やカーテンを閉めてください。

 

 

特に高齢者や乳幼児、呼吸器系疾患のある方は、注意を払ってください。

 

 

そして、これらの治療や予防について詳しいことは、医師の指示を受けることをおススメします。

スポンサードリンク



まとめ

 

 

日本では、もう過去のものと思われていた光化学スモッグですが、現在も年に数件の被害が出ています。

 

 

そして過去の状況との違いは、光化学スモッグなどの大気汚染が世界共通の課題になっていることです。

 

 

いくら日本で排ガス規制を行っても、他の国でも行わなければ意味がありません。
それは、大気に国境はないからです。

 

 

だからといって、何もしないわけにはいきません。

 

 

私たちにできることは、光化学スモッグ障害にならないよう予防し、環境に配慮した生活を心がけることが最善の策になります。