「冷房は、今の夏になくてはならない存在ですよね。」

 

ひと昔前は、冷房なんて必要なく扇風機だけでしのげました。

 

しかし以前に比べて近年は、地球温暖化の影響なのか猛暑日が多くなり、誰もが熱中症で倒れる危険性が高くなっています。

 

そして、こんな夏を乗り切ろうと思うと、手放せないのが冷房です。
今や、各家庭、公共・民間を問わず、小学校や中学校などの施設でも夏場は冷房を利かせています。

 

しかし、涼しいからといって冷房の当たりすぎには、注意が必要です。
冷房にあたりすぎると冷房病になります。

 

冷房病は、冷房で体を冷やしすぎて屋外と室内の温度差に適応できず、体に不調をきたす病気です。
では、冷房病になったら、どんな症状が出るのか。

 

また、どのような対策をすればよいのでしょうか。

 

スポンサードリンク



冷房病の症状とは?

 

冷房病の症状には、体の冷え・肩こり・疲労感・便秘・手足のむくみ・睡眠不足・頭痛などがあります。

 

これらの症状は、体を冷やすことで自律神経が変調し、引き起こされます。

 

自律神経は、体の体温調節を行っています。
しかし、気温の変化する幅が大きくなると素早い対応ができない特徴があります。

 

そして、気温の大きな変化が繰り返されると自律神経のバランスが崩れてしまい冷房病に陥ってしまします。

 

では、冷房病にならないためには、どうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク



冷房病にならないための対策とは?

 

冷房病にならないためには、冷房にあたりすぎで、身体の冷やさないように注意を払うことが大切です。

 

冷房の設定温度は、25℃~28℃が適切とされています。

 

熱いからと言って設定温度を下げすぎないようにしましょう。

 

室内で仕事をしている方は、長い時間冷房にさらされることになります。
その場合は、薄着ではなく防寒対策をしておくことが大切です。

 

冷たい飲み物や食べ物は、体を冷やさないためにも控えるようにしてください。

 

そして、ショウガ・ネギ・ニンニク・タマネギ・カボチャ・チーズなどの体が温まる、温性食物を摂るように心がけましょう。

 

体の血行を良くすることも大切です。

 

そのためには、適度な運動を行い、入浴で血流をよくしてください。

 

また、ストレスも自律神経の低下をまねき、冷房病の要因になります。
しかし、適度な運動と入浴には、リフレッシュ効果があり、ストレスの解消にもなります。

 

まとめ

 

冷房病は、現代の病気です。

 

冷房の温度を適切にする、冷たい物を控えて温かい物を摂る、適度な運動と入浴など、一つ一つ対策を施していけば防ぐことができます。

 

そして、一番大事なのは、あなたの心構えです。

 

猛暑の夏場を健康で乗り切ることができるかどうかは、あなたの心がけに掛かっています。