多くの女性は、お父さんや中年男性の加齢臭に対して、1度は不快に感じたことがあると思います。

 

たしかに加齢臭は、中年男性特有の不快な臭いですが、男性に限ったことではありません。

 

一般的に女性でも、40代から50代にミドル脂臭と呼ばれる不快な臭いを体から発します。

 

これは体質や生活習慣などにもよるのですが、早い人で30代から発し始める人もいます。

 

このミドル脂臭、自分では気づきにくく、周りを不快にさせることもあり女性の悩みの一つになっています。

 

特に30代の働く女性にとって、解決したい悩みだと思います。

 

そこで、このミドル脂臭の原因と対策はどのようなものがあるのでしょうか

ミドル脂臭の原因とは

ミドル脂臭が発生する原因は、汗です。

 

汗をかくと疲労物質の乳酸が分泌され、これが皮膚上の常在菌により代謝、分解されてジアセチルという臭い成分に変化します。

 

このジアセチルの臭いをミドル脂臭といいます。

 

ジアセチルの臭いは、例えると「廃油のような臭い」で、ことのほか強力であり空気中に広がる特徴があります。

 

ミドル脂臭を防ぐには、ジアセチルの発生を防がなくてはなり、そのためのポイントになるのが、疲労物質の「乳酸」です。

 

汗に乳酸が多く含まれていれば、それだけジアセチルも多く発生します。

 

この乳酸が多く含まれるようになる主な原因は、精神性発汗や緊張性発汗のどっと出る汗かいてしまうことと、運動不足やエアコンの影響で、汗をかきにくくなり、汗腺機能が低下してしまうことです。

 

では、これらの原因の対策には、何をすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク



ミドル脂臭の対策

まず、大事なのは生活習慣の改善です。
睡眠をしっかりとって規則正しい生活を送ることが基本になります。
そして、一番大切なことはストレスをためないことです。

 

ストレスは、精神性発汗や緊張性発汗の原因になるので、なるべくストレスのない生活を心掛けましょう。

 

そして、体を動かすのであれば無酸素運動ではなく有酸素運動を心がけましょう。

 

これは、無酸素運動をすると乳酸が出やすくなるからです。
そして、汗腺機能の改善に努めましょう。

 

弱まった汗腺機能を高めるには、入浴が一番です。

 

お風呂にゆっくり浸かることで血行が良くなり、全身に酸素がいきわたり乳酸が自然と排出されます。

 

また、臭いの原因物質は酸性なので、食事に関したことではアルカリ性の食品を摂ることをお勧めします。

それでもどうしてもだめな方には、

デオシーク

まとめ

 

加齢とともに不快な臭いのの発生は、少なからず仕方のないことです。

 

しかし、ミドル脂臭の起因は、主に現代の生活習慣から来ているので、これを改善することで抑えることができます。

 

ミドル脂臭で悩まれている女性は多いと思いますが、その悩みを解決する第一歩として、これらの生活習慣から改善していきましょう。