「うひょーーーっ!!かゆい、ぼつぼつもできてイラつく」日焼け後ってよくある光景ですよね?

 

日焼けをした際に、かゆみや湿疹ができるかたがほとんどだと思います。

 

日ごろあまり日焼けをされていない人が、日焼けをするとかゆみが出たり、湿疹がでたりするケースが多いようです。

 

というかあまり日焼けしたくない人が多いですよね。

 

今回は、そんな日焼け後の悩みにお困りの方におすすめの対策を紹介します。

 

本格的な日焼けの時期に入る前にぜひチェックしてみてください。

日焼け後のかゆみや湿疹はなぜおこるのか

まず日焼けをしたさいの、かゆみや湿疹がなぜ発生するのかについて紹介します。

 

かゆみのほうから説明してくと、かゆみの原因は、皮膚の炎症がおおきく影響しています。

 

実は、日焼けは軽度のやけどをしたのと同じ現象です。
軽度とは、赤くなる程度の物であり、水ぶくれができてしまったものは、軽度ではありません。

 

紫外線を多く浴びた皮膚は、水分、油分が蒸発し乾燥した状態になります。

 

そしてかゆみは、そういった乾燥した状態に脳内が乾燥状態をなんとか対策しようと信号をだしてかゆみを引き起こすと言われています。

 

つまり、原因は水分不足と言う訳です。

 

続いて湿疹について、湿疹が起こる場合はアレルギー反応が出ていることが多いです。

 

このアレルギーはその人の体質が原因のケースが多いです。

 

もともと日光にあまり強くない皮膚をもつ方が日光を多く浴びることで拒否反応がでて湿疹が出ると言ったケースになります。

スポンサードリンク



日焼けによるかゆみ、湿疹の予防・対策について

 

では、かゆみや湿疹が出た場合の対策について紹介します。

 

まず、かゆみです。基本的に日光に当たる前はできるだけ日焼け止めのクリームを塗るようにして下さい。

 

一緒に保湿クリームも付けておくとより良いと思います。

 

日焼けをしてしまった場合、かゆみが出てきた際には、皮膚をクールダウンさせる必要があります。

 

まず、流水や水風呂などで皮膚の炎症を抑えます。
このあとにクリームをぬって保湿を持たせるようにしましょう。
こうすることでかゆみを抑えられます。

 

つづいて、湿疹ですがかゆみ同様に日焼け前の対策は確りしておいて下さい。

 

特に、クリームなどに合わせて日傘などの物理的に遮る方法も大事です。

 

湿疹が出た場合は、湿疹の個所は日光にあてないようにし、薬用クリームをつかって直すようにして下さい。

 

共に原因は紫外線になるので、しっかりとした紫外線予防をするようにしてください。

スポンサードリンク



まとめ:

 

日焼けによるかゆみや湿疹の原因がどういったことか理解頂けたと思います。

 

年々、紫外線が強くなってくるというニュースもあるのでしっかり紫外線対策をするようにして下さい。

 

日ごろの対策が非常に重要です。