紫外線アレルギーの症状と対策などを紹介します。





 

日常的に太陽光などを浴びることによって紫外線に当たっているのですが、そんな紫外線を浴び
ることによって発症する病気、その種類や発症状態、その対策などを紹介します。

 

太陽光はからだに良い影響を与えることもあるのですが、逆に体にダメージを与えるケースもあ
ります。

 

急に発症するケースもあるようなので一度記事をチェック頂き生活の参考にしてみて下さい。

紫外線により発症するアレルギー・光線過敏症について

 

紫外線による病気、アレルギーである光線過敏症 について説明します。

 

光線過敏症とは、太陽光などに当たることで皮膚が赤くはれたり、かぶれたりする病気です。

 

病気の原因について、いろいろなケースが考えられ、遺伝によるもの、代謝がおかしく発症して
しまうケース、そしてアレルギー性のものと有る様子です。

スポンサードリンク

 

まず、症状について細かく説明します。

 

日光に当たり続けることで、皮膚が赤くはれたり、かぶれたりする現象の事ですが、一般的に
は「日焼け」というような言い方をして数日経過すると赤くはれていたものが引いていくこと
が多いです。

 

また、市販薬を事前に付けておくことにより、はれや赤みを防ぐこともできます。

 

もちろん、そういった症状を緩和する薬もあり、もしひどい場合は皮膚科などで薬を処方して
貰うことをおすすめします。

 

ただ、通常はこういった症状は長時間の紫外線照射により起こるものであり、短時間な照射で
は発症はしません。

 

光線過敏症がひどい方、アレルギーとして発症する方は紫外線に短時間でも照射されることで
、皮膚がはれたり赤くなったりするようです。

 

薬物摂取後、日光に曝露することによって発症するケースもあるようです。その場合、症状と
してはれや水疱ができるケースが考えられるようです。

 

こういった事が発生する場合は、直ぐに皮膚科などのかかりつけの医者に診てもらって薬を処
方して貰うことをおすすめします。

 

遺伝の場合は、生後外出時に日焼け対策を行わない場合発症しやすくなることも多いといます。

 

まちがっても幼児のころに太陽光に当て続けないようにするよう注意することが必要です。

光線過敏症の対策方法について

 

日光に当たることで発症する光線過敏症について紹介しました。

 

では、どのようにしてこの病気を防ぐのでしょうか、まずは幼児期に紫外線対策を確りと行うと
いうことです。

 

大人になって発症するケースも考えられるのですが、幼児のころに紫外線対策をせずにいると色
素が乾燥しやすい傾向になり、慢性的に発症してしまうこともあるようです。

 

赤ちゃんがどのていど太陽光にたいして耐性があるのかにもよりますが、外にて太陽にあたって
直ぐに肌が赤くなるようであれば紫外線対策は確りとするようにしましょう。
アレルギー性の場合は、服用する薬の種類にも気を付ける必要があります。

 

体質的に、薬にの種類で皮膚が炎症を起こしやすくなるケースも考えれるので、お医者さんに相
談して薬を処方してもらうようにして下さい。

 

また、基本的には紫外線対策をきちんと行うようにしましょう。

 

最近は日差しが強く、アレルギー性の物ではないにしろ、日光によって皮膚に影響が出る病気が
多くみられるようです。

スポンサードリンク

 

夏場外で遊んだり出かける際には、日焼け止めやUVカットとなる薬を付けておくようにして、可
能であれば日光にさらされないよう日傘や服をきて対策するようにして下さい。

 

最近は、病院に行くことで光線の照射テストを受けられるようです。自分がどの程度日光に耐性
があるのか、早めに検診を受けて知っておくとよいでしょう。

 

貼り薬などでアレルギー反応があるケースもあるようです。貼って日にあたると赤くはれ上がる
状態です。

 

対策としては日があたらない部分に貼るようにし注意して下さい。