目の下がピクピクしてずっと痙攣しているけど原因は? へんな病気?





長時間パソコンやスマートフォンの画面を見ていると、目の下がピクピクっと痙攣したことはありませんか?
治ったと思ったら、またピクピク。

自分の意思と関係なく動いていると、気になって集中力も低下しますよね。

こうした痙攣を放置する人は多いですが、もしかしたら意外な病気が原因となっていふかもしれません。

今回は、そんな目の下でおこるピクピクとした痙攣の原因や対策についてご紹介します。

目の下が痙攣する原因は?

目の下がピクピクとするのは、短時間で止まるものもあれば長く続くこともあり、その原因も様々考えられます。

目が疲れている

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けると、目が疲れて痙攣をおこすことがあります。

この原因でおこる目の下のピクピクは、短時間であることが多いです。

睡眠不足

生活リズムが崩れて睡眠時間が確保できないと、目は十分に休むことができません。

それによって疲労が蓄積した目の周辺が痙攣してしまうのです。

ストレスが溜まっている

女性に多くみられる原因で、ストレスが溜まると顔面の神経が筋肉を動かすことがあります。

大量のカフェイン摂取

一日に何杯もコーヒーを飲むなど、カフェインも多く摂取していることが原因となることもあります。

これは、カフェインには筋肉を興奮させる働きがあり、特にその影響を受けるのが目の周辺だからです。

アレルギーによるもの

アレルギーを持っている人も目の下がピクピクと動くことがあります。

アレルギーが発生する原因の一つに、ヒスタミンの分泌があり、それによって痙攣が引き起こされることもあるのです。

抗鬱剤や睡眠薬の長期間服用している

抗鬱剤や睡眠薬を長い間服用し続けると、脳の視床を興奮させることがあります。

これによって目の下が興奮する場合もあり、眩しさや痛みを伴う可能性もあります。

脳神経の問題や脳腫瘍の可能性も

目の下がピクピクと痙攣するのが、長い期間続くようであれば、早めに医療機関を受診して検査をしましょう。

脳神経に何かトラブルが起こっていたり、脳腫瘍ができている可能性もあります。

スポンサードリンク

目の下の痙攣への対策は?

様々な原因によって起こる目の下の痙攣ですが、目の疲れや睡眠不足、ストレスによるものであれば自分で対策をすることができます。

ビタミンを摂取する

ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2などには、目の疲れを解消する効果があると言われています。

緑黄色野菜やサプリメントで積極的にビタミンを摂取し、眼精疲労を回復させるようにしましょう。

スポンサードリンク

蒸しタオルで目の疲れを回復

濡らしたタオルを2枚用意して、1枚をレンジで加熱しましょう。

温めた濡れタオルと冷たい濡れタオルを、1分ずつ目の上に置き、これを3回ほど繰り返して下さい。

温めた後に冷やすと、目の周辺の血行が良くなり目の疲れを解消することができますよ。

パソコンやスマホの使用は短時間にする

仕事などで長時間パソコンやスマートフォンと向き合わなければならない場合もありますが、プライベートでは控えるなどして目の負担を軽減しましょう。

また、適度な頻度で目を休める時間を作ることも有効ですよ。

まとめ

突然起こる目の下のピクピクした痙攣には、たくさんの原因があるのですね。

パソコンやスマートフォンを使い始めると、ついつい長時間続けてしまいがちですが、目の疲れを感じたら休憩を取るようにしましょう。

また、生活習慣を見直しても長く痙攣が続くようであれば、放っておかずに医療機関で検査することをオススメします。