日焼け止めを塗り、痒くなる人の原因と対策






最近では、夏場でなくてもスキンケアとして日焼け止めを習慣とする女性は多くいます。

 

紫外線は肌を老化させる大きな原因の一つなので、日焼け止めを塗って対策をすることは大切ですよね。

 

しかし、中には世の女性と同じように、肌の老化を防ぐために日焼け止めを塗りたいのだが、塗ってしまうことによって痒みが出てしまい悩んでいる人もいます。

 

日焼け止めを塗って出てしまう痒みはどういった原因で現れ、どうすれば回避できるのでしょうか。

 

日焼けは1年中女性にとって、悩みの種であるので解決できればと思います。

 

まずはこんなところから調べてみました。

日焼け止めに含まれる成分

 

強力な日光から肌を守る日焼け止めの中には、強い成分が入っているものもあります。

 

肌の弱い人は、そういった強い成分に敏感に反応してしまい、痒みを感じることがあるのです。

 

デリケートな肌質の人は、日焼け止めを選ぶ際【紫外線吸収剤】が含まれているものを避けてみましょう。

 

紫外線吸収剤は石油が由来となって合成されたもので、肌に紫外線が入らないよう外部に逃がす役割をします。

 

その際に化学的な反応を起こし熱を発するのですが、この熱によって肌に痒みを感じる人がいるのです。

 

痒みの他に肌が赤くなって腫れてしまうこともありますので、我慢したりせずに日焼け止めを買い替えましょう。

 

敏感肌の人にオススメな日焼け止めは、ノンケミカルやオーガニック、無添加のものです。

 

天然の素材で作られた肌に優しいスキンケア商品は、人気も高まっていますので気軽に入手できますよ。

 

スポンサードリンク

肌の水分不足

 

ついつい原因が日焼け止めにあると思いがちですが、実は肌の状態によって痒みが引き起こされているかもしれません。

 

というのも、日焼け止めを塗る前の肌に水分が不足していると、乾燥によって痒みが生じることがあるのです。

 

理想とされる肌の水分量は約30%で、不足してしまうと外部からの刺激をうけやすくなってしまいます。

 

その刺激に対する防衛反応として、痒みが現れる人がいるのです。

 

肌の乾燥に自覚のある場合は、保湿を意識したスキンケアに力を入れましょう。

紫外線アレルギー

 

保湿のケアをしていて、日焼け止めも買い替えたのに痒みが改善されない場合、紫外線アレルギーが原因となっているかもしれません。

 

紫外線アレルギーは、紫外線によって体内に存在する抗体が増えてしまい、痒みや湿疹を発生させるものです。

 

しっかり日焼け止めを塗っていても、時間が経つと汗などと共に流れてしまいます。

 

すると、肌に紫外線が入り込んでしまってアレルギーの症状を感じてしまうことがあるのです。

自分でできる紫外線アレルギーの対策には、以下のものがあげられます。
・日焼け止めを持ち歩き、一日のうちに何度か塗り直す。
・日焼け止めだけでなく、手袋やサングラス、つばの広い防止などで紫外線対策を徹底する。
・車や家の窓ガラスを、UV加工されたものに替える。

 

紫外線アレルギーは、人によって頭痛や目の充血も引き起こすことがありますので、症状が酷い場合は医療機関を受診しましょう。

正しい原因を知って対策を

 

このように、肌に痒みを感じる可能性は敏感肌の人に限らず誰にでもあるのです。

 

今は痒みを感じず肌が強いと思っている人も、いつ紫外線アレルギーになるか分かりません。

 

また、保湿などのスキンケアを怠っていると乾燥が進んで刺激を受けやすい状態になってしまいます。

 

大切なのは、肌トラブルを感じていなくても、日頃から紫外線対策や肌の状態を適切に保って予防をしておくことです。

 

そして、症状が続いたり悪化する場合は早めに皮膚科などを受診し、適切なアドバイスを貰うようにしましょう。

スポンサードリンク