いびきがうるさい人への伝え方はどうする?






 

朝が早い人にとって質の良い睡眠をとることは、快適な生活を送
る上で必要不可欠ですよ。

 

せっかく寝る環境を早めに整えても、隣で眠る彼氏や彼女、夫や
妻のいびきが煩くてなかなか寝付けない経験をしたことはありま
せんか。

 

いびきをかいている本人に悪意がない分、指摘しにくいですよね。

 

伝える方法によっては相手を傷付けてしまう可能性もあります。

 

そこで、今回は指摘しにくい「いびき」を上手く相手に伝える方
法をご紹介します。

スポンサードリンク

悪い伝え方の特徴

 

上手ないびきの伝え方の前に、避けるべき指摘方法について説明
します。

ストレートな正論

 

「いびきがうるさい、おかげで眠れない。」

 

このような配慮がなく自分の意見だけを押し付ける伝え方をする
と、相手に反論を許さず傷付けてしまう結果となります。

 

いびきの原因や対策を知りたい方こちら

【質問形式で責める】

 

「『イビキがひどい。』って指摘されたことあるでしょ?」
このように、相手の答えが決まっているであろう事を質問するの
は、その人を追い詰めることになります。

【真実より盛る】

 

「本当にうるさくて、不眠が続いたせいで鬱になった!」

 

などと、たまった不満が爆発して大げさな表現をしてしまうことも
、相手にとってダメージを与えるだけになってしまいます。

【他の人と比べる】

 

「元彼は凄く静かに眠る人だったのに〜。」

 

このように他の人と比較する伝え方は、言われた側の自尊心を壊し
てしまいます。

 

相手の自信をなくすような言い回しは避けましょう。

良い伝え方の特徴

 

では、相手へ上手く伝える方法にはどんなポイントが大切なのでし
ょうか。

未来への期待を付ける

 

「今はいびきをかいているけど、●●したら改善するみたいだよ。」
現状だけを指摘すると、相手は落ち込んでしまいます。

 

なので、これからどうすれば良い方向へ向かうのかを合わせて伝え
ると、言われた側の心のダメージを小さくし、改善しようという気
持ちを持ってもらえます。

共感して助言する

 

「私も昔いびきで悩んでいたけど、●●したら直ったから、試してみ
ると良いと思うな。」

 

このように、まずは相手に自分だけでないと知ってもらうと、言わ
れた側はあなたを<味方>であると認識します。

 

また、助言は「〜すべきだ。」といった決めつけを避け、相手に決
定権を委ねるイメージで伝えましょう。

1つの意見として提案する

 

「いびきをかいていると分かったら、私だったら●●するかな。」

 

などと、あくまでも1つの意見として伝えると相手は傷付きにく
くなります。

 

この方法だと、指摘をしながら「改善法」を提案できるので便利
ですよ。

相手を想って伝える

 

貴重な睡眠時間をいびきで妨害されると、イライラは募りますよ
ね。

 

しかし、怒りをぶつけるように相手に指摘をすると、ただ傷付け
ることとなり関係が悪くなってしまいます。

 

大切なのは相手の気持ちを考えた言い回しをすることです。

 

追い詰めたりせずに、どうして欲しいのかを上手く伝え、関係を
壊すことなくいびきを改善する方向へ導きましょう。

スポンサードリンク