スポンサードリンク

 

日本人の死因と聞くと、どんなものを思い浮かべますか。
1位の癌、2位の心臓病に続いて3位にあがるのが「脳卒中」です。

 

「脳卒中」という言葉を耳にしたことがある人は多いですが、それ
がどのような症状か詳しく知らないことも珍しくありません。

 

また、言葉が似ていることから「脳梗塞」や「脳出血」と混同して
いる場合もあります。

 

今回は、脳卒中がどのような病気なのかについて詳しくご紹介しま
す。

脳卒中ってどんな病気?

 

「脳卒中」は脳の血管に問題が生じる病気です。

 

そして、脳卒中は「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」の3つに
分けることができます。

 

まずは、それぞれの原因について説明します。

スポンサードリンク



脳梗塞

 

脳の血管が何らかの原因によって詰まると、血液が行き渡らない
部位がでてきます。

 

これにより、その部位が死んでしまって障害があらわれるのが「
脳梗塞」です。

脳出血

 

脳の血管が、破れたり切れたりすることにより出血し、脳の機能
にトラブルが起こるのが「脳出血」です。

 

脳出血では、出血する部位によって症状や治療が変わってきます。

くも膜下出血

 

脳の血管に起こる異常、「脳動脈瘤」が破裂して脳に血液が流れ
出してしまう状態を「くも膜下出血」と呼びます。

脳卒中の症状

 

脳卒中の症状には、主に次のようなものがあります。

 

●手足や顔の片側に麻痺や痺れが起こる。
●言葉が理解できなくなる。
●呂律が回らなかったり、言葉が出ない。
●視野の片側が欠けたり、片目が見えない、視界が二重になる。

 

これらは突然に起こり、麻痺などが片側にあらわれることが特徴
です。

 

また、このうちの1つだけが生じることもあれば、いくつかの症
状が混ざる場合もあります。

脳卒中の治療

 

ご紹介した症状があらわれたら、可能な限り迅速に医療機関へ向
かいましょう。

 

脳卒中は、スピーディに治療を受けることが非常に重要な病気な
のです。

 

では、それぞれの治療についてご紹介します。

脳梗塞

 

脳梗塞になって4〜5時間以内であれば、t-PA静注療法と呼ばれる
脳血管の血流を改善する注射を行うことができます。

 

また、カテーテルによって血管の詰まりである「血栓」を回収す
る方法もポピュラーです。

 

血流の改善には、飲み薬や点滴といった内科的なアプローチが用
いられることもあります。

脳出血

 

脳出血では、その出血の度合いによって治療法が異なります。

 

出血が少なければ、薬によって脳の腫れを抑える治療が採用され
ますが、出血が多いと手術による「血腫」の回収が必要となる場
合もあるのです。

くも膜下出血

 

くも膜下出血の場合は、頭を開いて手術をすることとなります。

 

脳の血管が再び破れないようクリップで挟んだり、カテーテルに
よって瘤内部にコイルを詰める治療がなされるのです。

 

脳卒中は、日本人の死亡原因ランキングでも上位にあがる恐ろし
い病気です。

 

たとえ死に至らなくとも、重い後遺症が残ることも珍しくありま
せん。

 

普段から規則正しい生活を心がけ、適度な運動を習慣とするなど
、病気の予防を意識することが大切です。

スポンサードリンク