初めて子供を幼稚園に入園させる時、どのように選んでいます
か。

 

もちろん幼稚園の立地や設備なども大切ですが、かかる費用も
大切なポイントですよね。

 

入園する幼稚園が私立なのか公立なのかによって、準備してお
く費用は大きく変わります。

 

そこで、今回は幼稚園を選ぶ前に知っておきたい「幼稚園の準
備費用」についてご紹介します。

スポンサードリンク



公立の幼稚園の場合

 

公立の幼稚園へ子供を入園させようと考えている場合、どれくら
いの費用を用意しておけば良いのでしょうか。

入園費用

 

それぞれの公立幼稚園によって入園料は様々で、無料である園も
あります。

 

入園料がかかる場合、その相場は5000〜10000円となっています。

 

入園を希望するときは、公立ですので幼稚園だけでなく市町村の
窓口などでも願書を受け取れることもあります。

 

9〜10月に願書や必要書類を提出する必要がありますので、余裕を
持って準備しておきましょう。

保育料

 

保育料は、それぞれの家庭の年収によって自治体から補助金など
が出るので、支払い金額が変わってきます。

 

相場としては、入園料と同じく5000〜10000円と言われています。

 

幼稚園によっては、毎月一定の額を支払うように設定してある所
もあり、その場合は夏休みでも保育料が発生します。

 

入園を希望する幼稚園のホームページをしっかり確認しましょう。

私立の幼稚園の場合

 

次に、私立の幼稚園への入園に準備すべき費用についてご紹介
します。

入園料

 

私立の幼稚園は入園料が数十万円もかかる所もありますが、相
場としては5〜10万円とされています。

 

こうした入園料は、願書を提出する際に同時に支払うことが多
いので、いくつかの私立幼稚園を検討するときは、支払う時期
や金額をしっかり確認しておきましょう。

保育料

 

私立幼稚園では、公立の幼稚園よりも学業や運動を積極的に取
り入れる傾向があります。

 

園によっては、外国人の講師を招いて英語を教えている所もあ
り、そういった充実した教育もあってか保育料の相場は2〜3万
円とされています。

 

公立と比較して高額にはなるものの、教育内容などを調べてみ
ると、それに見合った金額といえるかもしれません。

公立と私立に共通の準備費用

 

入園料や保育料の他にも入園する幼稚園の維持費、絵本や画用
紙といった使用する教材の費用、制服がある園では制服費も必
要となります。

 

これらにかかる相場は1〜2万円と考えられます。

 

また、幼稚園によっては給食費の支払いがあるところもあり、
相場は3000円程度であると言われています。

さいごに

 

公立と私立の幼稚園で、入園料や保育料が大きく違うことが分か
りましたね。

 

支払う時期や毎月一定額が発生するかなどを事前に調べておいて
、困ることのないようにしましょう。

 

大切な子供を通わせる幼稚園を選ぶのは慎重になって当選です。

 

それぞれの幼稚園の良さを知り、先輩ママの口コミを聞くことも
参考になります。

 

子供に合った幼稚園で、健やかに成長できる環境を与えてあげま
しょう。

スポンサードリンク