大人になって運動不足を感じ、馴染みのある縄跳びにチャレンジするものの飛べなくなっていた経験をしたことはありませんか。

 

小学校、中学校の時は授業でもあったので、跳べないということはなかった記憶があるので、跳べないのはかなりショックを受けますよね。

 

大人になってやってみるといがいなのです。
昔と感覚が違うのがわかるので一度やってみてください。

 

成長すると、体はもちろん運動機能も変化しますので、大人には大人の縄跳び練習法があります。

 

そこで、今回は大人のための縄跳びを飛ぶコツについてご紹介します。

縄跳びが飛べない原因

 

縄跳びはほとんどの人が幼い頃に経験しているので、どうやって飛ぶのかは知っているはずです。

 

それなのに、実践すると上手くいかないのは、以下のパターンが考えられます。

スポンサードリンク



縄跳びが足に引っかかる

 

縄跳びの基本である「両足飛び」を数回飛んだだけで、縄が足に引っかかって続けて飛ぶことができないパターンです。

 

これは、縄跳びを回す位置が足より上である可能性があります。

 

どれだけ高くジャンプしても、縄が足先より高い位置になると、引っかかるのは当たり前ですよね。

 

また、どちらかの足にばかり引っかかる時は、縄跳びを持つ手が左右のバランスを取れていないと考えられます。

 

縄跳びを回すスピードが左右で違う場合も、片足に縄が引っかかる原因となりますので、意識してみましょう。

縄跳びが頭に引っかかる

 

縄を回すと頭に縄が引っかかってしまって、前のめりの姿勢や膝を伸ばさないようにして飛ばないと続かないパターンです。

 

この場合に一番の原因と考えられるのは、「縄が短い」ことです。

 

自分の体格に合った長さよりも短い縄を使っていれば、頭に引っかかるのは避けられません。

 

また縄に十分な長さがあったとしても、回す手が開いてしまっていると縄の高さが低くなり、頭に引っかかってしまいます。

 

縄跳びを飛ぶ方法

それでは、縄跳びを飛ぶためには具体的にどのような方法があるのでしょうか。

適切な縄の長さに調節する

 

縄跳びを上手く飛ぶためには、自分に合った長さに調節する必要があります。

 

自分に最適な縄の長さを知るには、縄跳びの持ち手を握って縄を垂らし、真ん中あたりを両足で踏みましょう。

 

その状態で、左右の手がおへそと同じ高さとなる縄の長さが飛びやすい目安になります。

 

また、一人ひとりの飛び方によって差がありますので、すぐに縄を切断せず何度か調整を繰り返しましょう。

正しい回し方を意識する

 

縄跳びの基本は、脇を閉じて肘を体よりも少し前に出した位置で回すことです。

 

飛んでいる途中で、肘の位置が徐々に後ろになると全体のバランスが悪くなりますので、正しい位置を意識しましょう。

 

また、左右の手が広がってしまわぬようにすることも大切です。

 

そして、縄を回すの際に腕ではなく手首で行うと、縄の軌道が安定して引っかかりにくくなりますよ。

練習を習慣とする

 

小学生の時を思い出すと、縄跳びができなかった時、まず最初にやっていたのが練習ですよね。

 

数回縄跳びをして上手くいかないからとすぐに諦めてしまうと、それ以上の上達はありません。

 

短時間でも良いので、毎日練習することが縄跳びを飛ぶために大切なポイントです。

 

自分の体力や生活スタイルに合わせた練習を続ければ、次第に安定して縄跳びを飛べるようになりますよ。

縄跳びで運動不足解消しよう

 

子供の頃に体育の授業や友人と競って行った縄跳びには、「筋力トレーニング」や「ダイエット」など大人にとっても嬉しい効果がたくさんあります。

 

年齢を重ねると、忙しさなどから運動不足を感じる人は多くいます。

 

また跳んでみるとわかるのですが、お腹のいやなお肉が足が地面に着くたびにボヨンボヨンと昔と違うのがすぐわかります。

 

かなりショックでけどね・・・。

 

始めは昔のように上手く飛べなくても、正しく練習すれば次第にコツが掴めますので、ぜひ縄跳びを習慣にして健康な毎日を
送って下さい。


スポンサードリンク