スポンサードリンク




 

目に紫外線が入ると目に紫外線が入ると角膜に炎症が起こり、脳
は目が紫外線ダメージを受けた事を察知して体内にメラニンを発
生させることが判明しました。

 

目のUVケアができていなければ体内に日焼けやシミ・ソバカスが
増えるということです。

 

日々の日焼け対策はしっかりとることが大切になります。

 

ですが、紫外線は利点もあり、皮膚におけるビタミンDの生成に
必要な栄養素でもあるのです。

 

ビタミンDはカルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨
の健康を保つのに働いています。

 

また最近では、免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症、妊
娠しやすい体作りなどに有効かもしれないという報告もされて
います。

 

紫外線は過剰にあたると良くないのです。

 

紫外線の被害にあわないようにするにはどのようにするべきか、
対策法をまとめてみました。

紫外線の影響による目の病気とは

 

強度の強いUVBは目に対して危険で、雪眼炎(雪目、雪眼)や紫
外眼炎(電気性眼炎)、白内障、翼状片と瞼裂斑形成になる可能
性があります。

 

紫外線によって起こる表層角膜炎のことです。

 

紫外線の強い場所、たとえばスキー場、海水浴場、高山などで角
膜が直接かつ長時間紫外線に曝露(さらす)された場合に起こり
ます。

 

また、電気溶接が原因の場合を電気性眼炎といいます。
いずれも、症状は数時間後に出てきます。

 

スキーから帰って寝ていたら激烈な眼痛で目を覚まし、まぶしさ
や流涙で目が開けられなくなって眼科を訪れるケースが多いよう
です。

 

病変は主にびまん性の表層角膜炎で、ひどくなると角膜びらんを
きたします。

 

また、日焼けサロンで、目を開けていると紫外線に当たり同様の
症状が起こります。

 

ひどい症状がでたら病院へ行き治療が必要です。

 

治療は点眼麻酔薬で疼痛をとり、抗菌薬、角膜保護のために眼軟
膏を入れ、眼帯、冷湿布をしたり、鎮痛薬の内服もします。

 

早ければ翌日、遅くとも数日で回復しますが、この症状になって
しまうとすれば、肌のトラブルも確実でてくるでしょう。


スポンサードリンク




紫外線から目を守る対策法は?

 

紫外線を防ぐ方法で、一番手軽なのがサングラスです。

 

サングラスを選ぶ際に注目すべき点は紫外線透過率とういう数に
注目して下さい。

 

この数字が低いと紫外線をカットする性能が高いです。

 

例えば「紫外線透過率0.2%以下」という表示があるのならそれは
「紫外線を98%以上カットできる」という意味です。

 

紫外線対策でサングラスを選ぶときには紫外線透過率をしっかりと
チェックして下さい。

 

それともう一つ、日焼け止めクリームです。目に入る紫外線までは
守り切れませんが、瞼に塗るだけでも目の中に入る紫外線の量をカ
ットすることができます。

 

この点を対策としていれば、目の病気を防ぐだけでなく、肌を守る
ことにもつながり、シミ・ソバカスを防ぐ事が期待できると思いま
す。

紫外線の知識を持ち肌を維持しよう

 

目から入る紫外線を全てカットするのは難しい事ですが、長時間屋
外にいる時にはUVカット機能があるサングラスをかけてメラニンの
発生を抑えたり、目からの紫外線もシミの元になっている事を知る
ことで、普段のスキンケアでカバーしていくよう心がけることがで
きます。

 

この他メラニン抑制効果が期待できる美白化粧水も使用すれば、美
白を維持できるはずです。

 

普段から、その日のうちにしっかり洗顔をし古い角質を落とす、美
白に効果のある食べ物を積極的に摂る、それでもだめなら美白に効
果のあるサプリを摂るような手段でシミ・ソバカスを防ぎましょう。

 

目に関しては病気にならないようケアをしっかりして、直接紫外線
に当たらないよう心掛けて下さい。普段から一般的な紫外線対策を
する事で肌トラブルは防げるはずです。


スポンサードリンク