スポンサードリンク

 

乳酸菌という言葉はCMや雑誌でよく耳にしますよね。
そんな乳酸菌には、いくつか種類があるのを知っていますか。

 

実は、種類によって働きや性質に違いがあるのです。
今回は体に嬉しい「乳酸菌」についてご紹介します。

乳酸菌の効果と種類

 

「乳酸菌」とは善玉菌をまとめて指す言葉で、実に200種以上も
存在しています。

 

その中でも、代表的なのが以下のものです。

ビフィズス菌

 

ヨーグルトなどの広告で見たことがある人は多いのではないで
しょうか。

 

大腸を悪玉菌が繁殖しずらい環境にしてくれるビフィズス菌は、
非常にデリケートな性質をもっています。

 

熱や酸に弱いので、腸までなかなか届くことできないのです。

 

効果を確実に得たい場合はカプセル状のものを服用しましょう。

EC-12菌

 

人体において最大の免疫器官と呼ばれる「腸」に働きかけ、健
康の維持に貢献するのがEC-12菌です。

 

1日に200mgのEC-12菌を摂取した人は、腸内のビフィズス菌が2
〜3倍となり、便の量が増えるとの実験結果もあります。

 

また、国民病とも言われるアレルギーは免疫の乱れからもたらさ
れるので、積極的に摂取したい乳酸菌です。

K-1乳酸菌

 

K-1乳酸菌は、EC-12菌と同じく腸でビフィズス菌を増やして便の
量を増やしてくれます。

 

更に、癌の原因とされる変異現物質を取り除いてくれる働きがあ
るのです。

 

また熱に強い特徴があるため、腸まで生きて届くことができます。

 

お米由来の植物性の乳酸菌であり、日本人に身近な種類と言える
でしょう。


スポンサードリンク




乳酸菌の効果

 

ご紹介したように、乳酸菌には数多くの種類があります。
それゆえ、人体にもたらす効果も幅広く存在するのです。

便秘

 

乳酸菌は、腸を刺激して運動が活発になるよう促してくれます。

 

腸の動きが悪くなると、便秘になり悪玉菌が増殖してしまい、
腸内環境は悪くなってしまうのです。

 

また、便の主成分は水分です。

 

便が長期にわたって腸に残ると、水分はどんどん吸収され、便
が硬くなって排便しずらい状態になります。

 

そのため、乳酸菌によってスムーズに排便することが便秘の予
防になるのです。

インフルエンザ

 

善玉菌である乳酸菌は、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化
する働きがあります。

 

NK細胞は免疫細胞の一種で、インフルエンザに感染した細胞を
退治してくれるとされています。

 

それゆえ、乳酸菌を摂取することでNK細胞の活動を促すと、イ
ンフルエンザにかかるリスクを低下することができるのです。

乳酸菌の効果が現れるまで

 

乳酸菌を摂取すると、すぐに効果を得ることができると勘違い
する人もいますが、即効性はありません。

 

ヨーグルトなどは食品であって薬ではないので、一定の期間と
り続けることで効果を実感できるのです。

 

一般的に便秘改善には2週間、免疫力を高めるには3週間、アレ
ルギーの症状を改善するにはもっと長い期間が必要とされてい
ます。

さいごに

 

一言に乳酸菌といっても、たくさんの種類があることが分かり
ましたね。

 

とても繊細な乳酸菌もありますので、摂取の仕方を工夫して取
り入れましょう。

 

また、効果が得られないからとすぐに諦めず、毎日摂取するこ
とが大切です。

 

特に、免疫を高めてインフルエンザなどを予防したいのであれ
ば、乳酸菌の摂取を習慣にしておくことをオススメします。


スポンサードリンク