先週、濃溝の滝に行ったことはお話ししました。

駐車場から濃溝の滝までのことをお話ししたと思いますが、

今回は、その先のことでまさにお題の通りです。

 

 

 

dscn1958

濃溝の滝は、清水渓流の笹川湖畔公園内にあり、なかなかわかりにくい

ところのですが、上記の画像を参考か幸福の鐘を目指してきてください。

 

 

さて、何が残念だったのか読んでいただければわかると思います。

ずばりこれ、

 

dscn1956

 

画像をご覧ください。

コケなどの植物の中に「人の足あと👣」

「ただの足跡」と思われる人も多いでしょうが、実は濃溝の滝に行って

いただき見学された方であればご存知かとは思います。

実は、

dscn1955

となっているのです。

「そんなの関係ないじゃん。」

とか

「周りなんて見ていない、小さくて見えるわけない」

と言われる人もいるでしょうが、遊歩道なのでこのように

なっているのです。

dscn1950

こちらが滝側です。

dscn1951

こちらが駐車場側です。

低くてすぐ下りてしまえるところもありますが、

ホタルの保護、育成を目指して努力していただいている

のです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このホタルが成虫となり、まさにジブリの森みたいに

幻想的になれば、あなたも

 

「来て良かった。」

 

「また来年も来よう。」

 

 

 

 

 

そうなれば、千葉県在住の私としてもすごくうれしいことですし、

あなたもワクワク楽しくなりませんか?

 

 

 

 

 

私が濃溝の滝を見学に行った日は、かなり早い時間帯に

行ったのですが大手旅行会社さん(はとバスではありません)の

お客様が多くいらっしゃいました。(たまたまでしょうが・・・。)

 

 

 

 

 

 

雨の時は雨なりに趣のある濃溝の滝でした。