スポンサードリンク




 

子供の口の中に歯が黒く変色している部分を見つけ、「虫歯だ!
」と思ったことはありませんか。

 

実は、歯が黒くなる原因は虫歯以外にもあります。

 

そこで、今回は歯に黒い部分を作る原因や見分け方についてご紹
介します。

歯が黒くなる原因

 

それでは、歯が黒くなる代表的な原因には虫歯と歯石があげられ
ます。

虫歯の原因

 

歯の黒い部分を見ると、皆さんが一番に思い浮かぶ「虫歯」も原
因の一つです。

 

初期虫歯であれば、黒い「点」としてあらわれます。

 

虫歯による黒い色は、歯が食べ物と接する面に現れるという特徴
があります。

 

これは、食べた物が歯の表面にある溝に入り込み、磨き残しが虫
歯の原因となるからです。

 

それゆえ歯の溝に沿って、黒い点や線が広がるようにあらわれる
のです。

 

このような黒い色が歯磨きをしても消えない場合は虫歯であると
いえます。

 

初期であれば痛みもなく治療も簡単なので、悪化しないうちに歯
科医院へ行くようにしましょう。

ただ虫歯の原因は、食べかすが歯の間に挟まってなってしまうの
も原因の一つですが、大人の場合はストレスによる原因もあるの
です。

歯石の原因

 

歯石の原因は、歯に残った食べ物のカスや落としきれない汚れが、
そのまま固まって付着してしまうことです。

 

歯石は、歯と歯ぐきの境目や歯の根本に沿って現れる特徴があり
ます。

 

一般的には「乳白色」であることが多いのですが、歯周病になる
と「黒い点」に見えることもあります。

 

この場合、歯周病が進んでおり、歯ぐきからの出血が伴います。

虫歯と歯石を見分けよう

 

子供の歯に黒い部分を見つけた時、虫歯かどうかを見分ける時に
は以下の点に注目しましょう。

歯のどの部分が黒いか

歯の食べ物に接する面の溝に沿って、広がるように黒い場合は「
虫歯」です。

一方、「歯石」によるものは歯間や歯の根元が黒くなります。

その他の症状

黒い点や線が徐々に広がり、痛みを感じるようになれば「虫歯」
といえます。

これに対して、歯周病の自覚や歯ぐきからの出血があるときは
「歯石」が原因であると考えましょう。


スポンサードリンク




適切に対処しよう

歯が黒くなった原因が見分けられたら、それぞれなか適した対処
をしましょう。

虫歯への対策は?

子供に虫歯の可能性があれば、できる限り早く歯科医院へ連れて
行きましょう。

初期のものであれば、大切な歯を削ることなく「クリーニング」
や「フッ素」などで治療することができます。

これらの治療は、虫歯の菌を殺菌することで口の中を清潔にして
、歯の表面を強くする効果があります。

しかし、歯の黒い部分が少なくても、内部には虫歯が広がってい
ることも珍しくありません。

そうなると、どうしても歯を削って詰め物をする必要があります。

歯石への対策

黒くなった歯石は、歯ブラシによるブラッシングでは取り除けま
せん。

歯科医院へ連れて行き、専用の「超音波スケーラー」という器具
によって除去してもらいましょう。

虫歯でないからと放置してしまうと、超音波スケーラーでも取れ
なくなってしまいます。

その場合、歯ぐきの切開手術が必要となるので、虫歯と同じく迅
速な対応を心掛けましょう。

さいごに

子供の歯に黒いところを見つけると、ついつい虫歯と決めつけて
しまいますが、歯石であることもあります。

まずは、落ち着いて黒い部分の現れ方を観察してみましょう。

また、カレーやベリー系の果物による「着色」であれば歯磨きで
除去できる場合もあります。

磨いても取れない場合は、早めに歯科医院を受診することをオス
スメします。


スポンサードリンク