スポンサードリンク




 

毎日仕事で体を酷使する工場で働く人にとって、腰痛は悩みのタ
ネですよね。

 

腰は体全体を支えているので、手や足を動かすことにも重要な働
きをしています。

 

それゆえ、工場で作業をする人は腰に負担がかかりやすく、腰痛
の症状があらわれやすいのです。

 

では、腰痛はどう言ったメカニズムで起こるのでしょうか。

腰痛の原因

 

腰は、様々な筋肉と連携して複雑な動きを可能とします。
なので、腰痛を引き起こす原因も複数あるのです。

背骨が変形すること

 

通常ゆるいS字形をしている背骨が変形すると、体を支えずらくな
ります。

 

すると姿勢が悪くなり、筋肉が上手く調和をたもつことができなく
なってしまうのです。

 

これにより負担を抱えた腰椎がズレ、神経が圧迫されて腰痛を感じ
るのです。

骨盤が歪むこと

 

骨盤と腰椎は連結していますので、骨盤がゆがむことは腰椎のズレ
に直結します。

 

すると神経が圧迫されて腰痛を引き起こすのです。

腰周辺の筋力が下がること

 

腰回りは筋肉が非常に多い部位です。

 

それゆえ、筋肉が弱くなってしまうと腰椎への負担が大きくなりま
す。

 

支えきれない負担は腰椎のズレにつながり、腰痛を生むのです。

ストレスを抱えること

 

体のバランスが崩れて神経が直接圧迫されなくても、大きなストレ
スにより心のバランスが崩れると腰痛を感じることがあります。

 

スポンサードリンク



工場での作業は腰痛になりやすい

 

重い物を運ぶことが多い工場内の業務は、腰に大きな負荷をともな
うので、腰痛になりやすい仕事だといえます。

 

また、座ることはほとんどなく、立った姿勢で長時間はたらくこと
も腰痛の原因となります。

 

それは人間がもともと四足歩行だったことが背景にあります。

 

二足歩行に進化する過程で、背骨がS字へと変形してきましたが、そ
のことで腰へ負担がかかりやすくなってしまったのです。

正しい姿勢を意識する

 

腰痛は避けたくても、工場で働く人が動かずに仕事をすることは
できません。

 

なので、仕事中に少しの意識をもって、腰痛の予防を目指しまし
ょう。

 

それは【正しい姿勢】をイメージすることです。

 

無意識のうちに顎や胸、頭が前に出ていませんか。また、気をぬ
くと猫背になっていませんか。

 

そういった姿勢の悪さに気付いたら、すぐに背筋を伸ばすように
しましょう。

 

たったこれだけのことで必要な筋力がつき、腰痛の予防となります。

 

腰痛に悩む工場で働く人の中には、仕事内容から仕方がないと諦め
、耐え続ける人がいます。

 

「腰痛は友達だからしょうがない。」なんて名言を吐く人もいます

 

しかし、耐えているだけでは腰痛が改善することはありません。

 

大切なのは、諦めずに自分から意識して【腰痛になりにくい体作り】
をすることです。

 

小さな事の積み重ねが、体を支える筋力を作ります。
姿勢に気をつけて、働きやすい体を手に入れましょう。

スポンサードリンク