スポンサードリンク




寒い季節になると、窓に結露がついているのを見かけることが多
くなりますよね。

 

しかし、水滴がついているのは窓だけではありません。

 

窓枠やゴムパッキン、サッシ、カーテンにまで付着しているので
す。

 

その水滴を放置していると、カビが発生してしまう場合がありり
ます。

 

カビに悩まされることのない清々しい生活のために、窓のカビに
ついて原因と掃除法、予防法についてご紹介します。

掃除(除去)方法

 

カビの掃除を実践するときには、カビの胞子が舞うことになりま
すので、換気を徹底して始めましょう。

窓ガラスのカビ

 

内側を掃除する前に、外側から窓を拭いておくと内側の汚れが見
えやすくなります。

 

外側から窓に水を吹きかけて、市販されている窓用の水切りで汚
れを落としましょう。

 

また、内側の窓についても水拭きで大丈夫です。

 

それは、ガラスがカビの根が侵食しにくい素材なので、落ちやす
いからです。

窓サッシのカビ

 

窓が重なるサッシは、汚れやすい上に、汚れが取りにくい部分と
いえます。

 

可能であれば、窓を取り外して掃除を行いましょう。

 

サッシが乾いた状態で、割り箸や綿棒などの細長いもので汚れを
取ります。

 

汚れを取り終えたら、「隙間ノズル」の付いた掃除機やスチーム
が出るクリーナーで掃除することをオススメします。

 

そして、カビを掃除し終えたら、消毒用のエタノールでカビ菌を
死滅させましょう。

 

エタノールはすぐに蒸発しますので、湿気の心配なく使用できま
す。

ゴムパッキンのカビ

 

窓周辺の掃除で、一番手ごわいと言えるのがゴムパッキンです。

 

放置してしまうと、カビが深くまで根をはっているので、なかな
か落とせないこともあります。

 

しかし、根気強く続けると次第に薄くなりますので、諦めないこ
とが大切です。

 

クエン酸や重曹を使用して掃除をすると、キツい臭いも発生しま
せん。

 

水200mlに対して小さじ1のクエン酸を混ぜた【クエン酸水】を、
ゴムパッキンに吹きかけましょう。

 

その上から重曹を振りかけると、カビが浮き出てきます。

 

30分以上の時間をおいて、拭き取るように掃除を行いましょう。

木材でできた窓枠

 

古い家だと、窓枠が木製であることも珍しくありません。

 

その場合は、消毒用のエタノールや酸素系漂白剤などによる掃除
が可能です。

 

しかし、なかなか落ちないことがありますので、木材専用のカビ
取り剤がオススメです。

 

窓枠にスプレー剤を吹きかけて時間をおき、水拭きの後乾拭きを
行います。

 

この工程を何度か繰り返すことで、次第に薄くなっていきますよ。

カーテンのカビもあなどるな

 

忘れがちなのがカーテンです。

 

窓周辺でもカビの繁殖しやすいカーテンもしっかり掃除をしま
しょう。

 

なぜカビが発生しやすいのかというと、窓の結露にカーテンが
つきカビの大好きな湿気やほこりなど絶好な餌場となってしま
うためです。

 

そのカビを退治するために、湿度の高い季節の後には、なるべ
く1年に何度かは、カーテンを洗いましょう。

 

ぬるめのお湯にカーテンを浸した後、お風呂に生えるカビ用の
洗剤を吹きかけて、30分ほど放置しましょう。

 

その後、洗剤をゆすいで普通に洗濯を行うことでカビを除去で
きます。

スポンサードリンク



カビの予防方法

 

カビの掃除は大変なので、発生させるのを防げると手間がかから
ず嬉しいですね。

換気を心掛ける

 

基礎的なカビ予防は、なんといっても換気をすることです。

 

窓やドアを最低2つ開けることで、空気が通る道筋を作るように
しましょう。

 

また、雨天が続くときには除湿機を利用するのも効果的です。

エタノールを吹きかける

 

月に一度程度で構わないので、窓を掃除するときにエタノール
を吹きかけましょう。

 

除菌をしておくことで、カビが発生しにくくなります。

結露を防ぐ

 

結露の原因は、外の空気と室内の空気の気温差です。

 

気温差が小さくなるように、暖房器具は窓から離れた場所にお
きましょう。

 

また、扇風機を利用して窓周辺に空気が留まることを防ぐのも
有効です。

 

また暑いカーテンを使用していると、湿気が溜まりやすいので
、普段はレース素材のカーテンを使用しましょう。

 

カビの予防には、湿度が一番のポイントです。

 

換気や除湿を常に意識することが大切ですよ。

カビの種類にはススカビ・クロカビの2種類があります。

 

カビの種類は3万種もあると言われています。
更に、現在でも毎日60種以上も発見されているのです。

では、窓付近に発生するカビにはどのようなものがあるのでしょ
うか。

ススカビ

高い湿度の場所を好むススカビは、窓周辺だけでなく浴槽やキッチ
ン、排水口にも発生します。

ススカビはアレルギー性鼻炎を引き起こすので、繁殖を防ぐことが
大切です。

クロカビ

クロカビは、別名「クロカワカビ」とも呼ばれています。

家の中であれば、どこにでも発生しますが、特に結露のある場所
に多く見られます。

黒いカビを発見したら、ほぼ間違いなくクロカビといえます。

カビは高い湿度を好むので、窓周辺はカビが発生しやすい場所な
のですね。

カビが発生する原因

窓周辺の湿度が高くなるのは、梅雨などの雨量が多いときはも
ちろん、結露の発生しやすい冬も高湿度といえます。

大半のカビは【湿度65%以上】で活動を始めます。

そして【湿度85%以上】になると、活動はどんどん活発になる
のです。

人間にとって適切な温度は、実はカビにとっても活動しやすい
温度なのです。

またカビの栄養はホコリや汚れなので、家の中では餌に困るこ
とはありません。

つまり、温度と湿度の条件が揃えば、カビはいつでも繁殖でき
るのです。

スポンサードリンク



発生したカビ放置するとどうなる

忙しくて、ついついカビを放置してしまう人も多くいます。

しかし、放置されたカビは更なる繁殖のため、栄養を得ようと
発生した部分の深くにまで根をはります。

つまり、簡単には落とせないようになってしまうのです。

更にカビの胞子は、喘息や肺炎になる危険性をも含んでいます。

カビを見つけたらすぐに除去することを心がけましょう。

カビ取り専門業に頼むと費用はどのくらいかかるの?

窓のカビ取り業者は、大体下記のような感じの料金です。

料金体系は、窓1枚当たりで算出されていて、作業のやりにくさ
などのより料金が加算されていく方式です。

注意としては、そのカビ取り業者が損保加入しているのかの確
認は最低限しておきましょう。

大体の業者は入会しているのが当然なのですが、中には入って
いない業者もいるので要注意です。

    1. 小窓(~0.5平米)   1000円以上
    1. 腰高窓(0.5~1平米) 2000円以上
    1. 掃き出し窓(1~2平米)2500円以上
      天窓        3000円以上

カビ自体を自分で掃除できる程度に抑えておきたいですね。

見た目の清潔感はもちろん、家族が健やかに生活できるように
カビ対策を心掛けましょう。

スポンサードリンク