スポンサードリンク




電子レンジは料理を温めるだけでなく、調理にも使えて生活には
欠かせないアイテムですよね。

 

よく使うからこそ、料理の汁が飛び散ったり、誤って長時間レン
ジをかけてしまい、食材を破裂させてしまった経験のある人も多
いのではないでしょうか。

 

その都度、簡単に拭いていても、気付けば焦げた匂いが定着して
して使うたびに臭う、ということになってしまっていませんか?

 

そこで、今回は電子レンジの焦げたような匂いを簡単に取る方法
をご紹介します。

く、くさっ!電子レンジ使用時の焦げた匂いを取ろう

 

積み重ねによって蓄積された匂いは、頑固なイメージですが、実
は簡単に取ることができます。

レンジでチンして消臭

電子レンジの匂いが軽度であれば、洗剤を使うことなく改善する
ことができるのです。
それは、消臭の効果があるものを耐熱容器に入れ、フタをせずに

1〜2分チンするだけの方法です。

 

加熱する消臭効果を持つものには、以下のものがあげられます。

●コーヒーの出し殻
●お茶の出し殻
●レモン、蜜柑の皮
●食パン
●お酢、重曹

 

これらを加熱した後、容器は熱くなっているので注意しましょ
う。

 

また、水分を含むものを加熱すると、レンジ内部に水蒸気がつ
きます。

 

その水分を丁寧に拭き取れば、匂いと共に油汚れなども除去で
きますよ。

重曹を使った掃除で消臭

 

電子レンジは使用した直後であれば、濡れ布巾などで簡単に汚
れを落とすことができます。

 

しかし、時間が経った汚れは水拭きでは除去することが難しく
なり、嫌な匂いの原因となります。

 

そんな時には、ドラッグストアでも簡単に手に入る「重曹」を
利用しましょう。

 

  1. 耐熱容器に水で溶いた重曹を入れて、レンジで加熱します。
  2. 沸騰してレンジの中に湯気が充満したら、30分ほど放置して
    濡れ布巾で拭き掃除を行います。

 

油汚れはアルカリ性で、重曹は酸性なので非常に効果的ですよ。

 

また、重曹は肌にも無害なので安心して使用して下さい。

電子レンジに残る匂いの原因

 

さまざまな焦げたにおいを取る方法を見てきましたが、漂ってい
る電子レンジの焦げたような匂いは、何が原因なのでしょうか。

 

魚や肉などの臭いが強いものを温めることも原因となりますが、
一番はレンジ内に付着した「油分」です。

 

急いでいたり、面倒臭くてラップを使わずにレンジで加熱したこ
とはありませんか。

 

そうすると、パッと見ては分からない程度でも加熱した物の油分
は飛散してしまいます。

 

数回であれば匂いもそれほど強くありませんが、回を重ねること
で「油カス」は増加して嫌な匂いへとつながるのです。

電子レンジを長く使うために

 

使わない日は無いと言っても過言ではない「電子レンジ」は、こま
めに掃除することで長持ちしてくれます。

 

レンジ内の汚れは、匂いの原因だけでなく、加熱の効果を弱くして
しまいます。

 

また、油カスを放置したままレンジを使用し続けていると、煙が
出たり発火の危険性まであるのです。

 

汚れに気付いたら、その都度拭き取りをし、定期的なレンジ内の
掃除を習慣にしましょう。

 

電子レンジを清潔に保つことが、キッチンで活躍する期間を長く
してくれるのです。

スポンサードリンク