スポンサードリンク




 

ひな祭りと言えば、雛人形が代表ですが、脇役がすごくたくさん
あります。

 

しじみ、雛あられ、鯛、ちらし寿司、白酒、といった食べ物など
も桃の節句の代表です。

 

ここでは、菱餅について見ていきたいと思います。

 

ひな祭りのお雛様の菱餅は、どんなふうに飾るのがよいのか気に
なりますよね?

 

なぜ菱餅というからには、形はひし形なのだけれど、なぜ菱形な
のか疑問に思いますよね。

 

そこでお雛様の菱餅の飾り方や由来、意味などについて紹介して
いきたいと思います。

菱餅の飾り方

 

菱餅は、白い和紙を敷いた菱台の上に置きます。

 

このとき、菱餅のピンク色が一番上になるように乗せます。

 

菱台は一揃えが二つだから、菱餅も二つ用意します。

 

雛人形のお供えで飾る場合は、7段飾りの場合、上から4段目の中
央に飾ります。

 

右大臣や左大臣を飾る役として飾ります。
段数が異なる場合場合は、説明書を参考にして飾りましょう。

菱餅の由来について

 

ひな祭りの原点は、中国の「上巳の節」です。

 

中国では、この日に母子草(ははぐさ)という草を使用した緑色の
団子を食べていました。

 

母子草には、強い香りがあり、邪気を払うとされていたので、上
巳の節に食べていました。

 

日本では、母子草が手に入りにくかったため、よもぎ団子を食べ
ていました。

 

緑だけでなく、他の色が加わったのは江戸時代初期からです。

 

子孫繁栄や長寿になることができる実だと言われる菱の実を入れた
白い餅が加わって、明治時代に魔除けに使われる赤が加わって三色
になっていきます。

 

日本では、最初は、よもぎ団子から始まって、少しずつ増えていき
、今の三色になっていったんですね。由来を知るとひな祭りの菱餅
に込められた想いが理解できて菱餅を飾る意味がわかりよいですね。

スポンサードリンク



菱餅の意味

 

菱餅には、ピンク(赤)と白と緑が使用されていますね。

 

ピンクには、魔除けのクチナシが使われていることから、魔除けの意
味があります。

 

白には、繁殖力の強い水草になるヒシの実が使用されていて子孫繁栄
や長寿の意味があります。

 

緑には、よもぎ(もとは、母子草)が使われていて強い香りで邪気を
祓うとされています。

 

色の重ね方は、下から緑、白、ピンクの順番が多いです。

 

これは「残雪の下には新芽が芽吹いていて、雪の上には桃の花が咲い
ている」という状況を表しているといわれています。

 

また、下から白、緑、ピンクの順番で重ねることもあります。

 

これは「雪の中から芽吹いた新芽が覗いていて、その上には桃の花が
咲いている」という状況を表しているといわれています。

 

春の情景を表して色の順番を決めているようです。

 

菱餅には、魔除けや子孫繁栄、長寿、邪気を祓うなどの願いが込
められていて、ひな祭りに飾るのにピッタリですね。

 

春の情景も感じられて素敵ですね。

菱餅の食べ方

 

菱餅は色はカラフルですが味は、ほとんどありません。

 

焼き餅や、ぜんざいなど、普通のおもちと同じように食べて大丈
夫です。

 

菱餅は、菱餅の角をちぎりながら食べるのがよいとされています。

 

菱餅の形には魔除けの意味があるから、角を落としたほうがよい
ということで、角をちぎりながら食べるのがよいのです。

 

また、角をちぎることで人間関係に角が立たず丸く収まるともい
われています。

 

菱餅を食べるときは、角をちぎりながら食べるようにしましょう。

 

意味を考えながら食べると楽しいですね。

 

菱餅は、カラフルだから見た目もかわいくて食べるのも楽しいし
、子供と一緒に幸せを祈りながら食べるとよいことが起こりそう
ですね。

 

子供、孫も喜んでくれそうですね。みんなで楽しく食べられるとよいで
すね。

まとめ

 

ひな祭りのお雛様の菱餅の飾り方や由来、意味などについて紹介し
ました。

 

菱餅の飾り方や由来、意味を知るとひな祭りが楽しみになりますね。

 

きちんと意味を理解すると、菱餅に込められた願いがわかり、気持
ちを込めながら飾ったり、食べたりできてよいですよね。

 

きれいな菱餅の色にもそれぞれに意味がありましたね。

 

菱餅を飾り、ひな祭りをして子供の健やかな成長を願いましょう。

 

ひな祭りが終わったら、みんなで楽しく菱餅を食べましょう。

 

スポンサードリンク