おはぎとぼたもちは、みなさん知ってますよね?

 

お米の周りにあんこをまとったおいしい食べ物ですよ。

上の画像を見てもらうとわかるともうと思いますがなんとなくですがわかりますよね?

 

小さい頃から年に1回くらい食べてはいるけれど、正直、おはぎの本当の意味や由来などわかってい食べている方は、ほぼいないのではないでしょうか。

 

画像を見て、おはぎとぼたもちは見た目では一緒だけど何が違うんだろうと思った方も多いのでは?

 

ここで少しだけおはぎについて勉強してみましょう。

 

次に食べるときはもっとおいしく食べられるかもしれません。

おはぎとぼたもちの違い

 

おはぎと聞いてちゃんとおはぎを想像できていますか。おはぎとぼたもち、混ざっていませんか。

 

おはぎと思っていたものが実はぼたもちだったなんていうこともあるかもしれませんね。

 

まずはおはぎとぼたもちの違い、考えてみましょう。

 

おはぎは中身がお米で、周りが粒あんです。少しつぶれた感じのお米がおいしいですよね。

 

一方、ぼたもちは中身がお餅で、周りはこしあんです。
これもまた上品でおいしいですよね。

 

決まりがあるわけではないですが あんの原材料である小豆に秘
密があります。

 

当時の小豆を収穫する時期の問題で、小豆の皮が固いか軟らかいかで粒あんに向いているかこしあんに向いているかの差があったようです。

 

越冬した小豆は、皮が固いのでこしあんになり、皮が軟らかいものは、粒あんとして使用したのです。

 

今現在は、技術が進歩しているので、どちらでも可能ということであまり意味がないものとなってしまいました。

 

両方食べてみるとわかりますが、味も食感も全く別のものです。
でもどちらもとてもおいしいですね。

 

おはぎとぼたもちは、ひらがなで書くことが一般的だと思う人が多いでしょうが、ちゃんと漢字があるのです。

 

おはぎは「御萩」、ぼたもちは「牡丹餅」と書くのです。
これを見てわかると思いますが、秋と春のお花が由来となっているのです。

 

この段階で感のいい人は気がついたと思います。

 

「萩」は秋の花、「牡丹」は春の花なのでおはぎは秋に食べるも
の、ぼたもちは春に食べるものということなのです。

スポンサードリンク



おはぎを食べる由来、歴史

 

おはぎはいつ食べるものなのか、どうして食べるものなのか、由来を知っていますか。

 

おはぎを食べるのは秋のお彼岸です。
ぼたもちは春のお彼岸です。

 

秋のお彼岸は穀物、作物の豊作をご先祖様に感謝する日です。

 

小豆の収穫も秋であるため、柔らかな小豆を使ってつぶあんを使用したと言われています。

 

また、小豆の粒が咲き乱れる萩の花に似ていることから「御萩」とされているとも言われています。

 

お彼岸におはぎをお供えするのはいろんな説があるそうですが、小豆の赤色が邪気を払うとされています。

 

また、昔は砂糖がとても高価なものであったため、その二つを合わせることで、お彼岸というご先祖様とつながる特別な時期により一層の感謝や祈りを重ね、お供えしたといわれています。

 

こうして由来を聞いていると、なんとなく小さい頃の記憶とつながってきませんか。

 

小さい頃、保育園などで行事として食べた人、地区の集まりで食べた人もいるかもしれません。

 

おばあちゃんが作ってくれて食べた人もきっといますね。

 

このくらいの時期ではありませんか。いつもおはぎを食べるときはおばあちゃんやお母さんがそばにいた記憶、ありますね。

 

時は経ってもご先祖様への感謝を忘れてはいけない、という気持ちだけは語り継がれていってほしいですね。

 

おしゃれなおはぎはいかがですか

 

小さい頃はおはぎの味はあんこ、きなこ、ごまの3種類程度でした。

 

大きさも小さなお茶碗一杯分くらいの大きなものもあって、和菓子なのか、ごはんなのか迷ってしまうものもありました。

 

最近は一口サイズの彩りの美しいおはぎや味もみたらしやずんだ、くるみなどいろいろな味のある専門店も増えています。

 

一口サイズであればおしゃれにいろいろな味を楽しめますし、手土産にしてもいいですね。

 

おしゃれな洋菓子もいいですが、日本の伝統的なおはぎがこういうかたちで残っていくのはうれしいですね。

 

和菓子屋に行きたくなってきましたが、皆さんはどうでしたか?

スポンサードリンク