最近よく耳にするカカオ。

 

このカカオ豆が体の健康にいいというのは聞いたことがあるのだが
、一体カカオ豆の何がいい影響を与えてくれるのかわからない人が
多いと思います。

 

「良薬は口に苦し」ということわざがありますが、カカオ豆に関し
てはそんな事はないかもしれませんね。

 

そんなチョコやココアの元であるカカオ豆について紹介しますね。

スポンサードリンク



カカオ豆に含まれる成分ってあるの?

 

カカオ豆にはカカオポリフェノールとカカオプロテインが含まれ
ています。

 

ポリフェノールは動脈硬化や生活習慣病を予防したり、活性酸素
などの有害な物質を無害化してくれる優れものです。

 

緑茶や赤ワインにポリフェノールが含まれていることは有名です
よね。

 

ただポリフェノールは自然食品から摂取することが難しいという
事実はあまり知られていません。

 

でもカカオ豆なら素材を丸ごと使っているのでチョコやココアで
手軽に美味しくポリフェノールを摂ることが出来ます。

 

そしてカカオ豆に含まれるカカオプロテインは、整腸作用を促し
便通を改善する働きがあります。

カカオ豆の秘密|カカオポリフェノールとカカオプロテインの効能

カカオポリフェノールで血圧低下

 

高血圧の人にはカカオポリフェノールの含まれるチョコがオスス
メです。

 

血管が詰り細くなることで上昇した血圧を、カカオポリフェノー
ルが広げて血流を良くします。

 

ホワイトチョコはカカオポリフェノールが含まれませんので注意
しましょう。

 

またカカオポリフェノールが含まれていても普通のチョコは摂り
すぎると太ったり弊害が出てしまいます。

 

カカオ成分70%以上の高カカオチョコが良いでしょう。

 

そしてカカオポリフェノールで血液がサラサラになり血管がしな
やかになるので、ガンについで日本人の死因になっている脳卒中
や虚血性心疾患の予防になります。

カカオポリフェノールで脳を活性化

 

脳の神経細胞によって私たちは物事を記憶したり判断しますが、
加齢とともに脳の栄養分が不足し脳の活動が鈍くなります。

 

これによって物忘れや判断能力が低下するのですが、カカオポリ
フェノールによって抗酸化物質や脳の血流が増加出来ます。

カカオポリフェノールでアンチエイジング

 

カカオポリフェノールが多く含まれるチョコやココアには活性酸
素を抑え、肌荒れや紫外線によるシミを防いでくれる効果があり
ます。

カカオプロテインでお通じ改善

 

カカオプロテインは摂取することで便のかさ増し効果を発揮し腸
の活動を促します。

 

近年の日本女性は体重減少傾向にあり、食べる量が少なくて便の
量も少ないことが便秘の原因になっています。

 

なのでカカオプロテインによるかさ増しは便秘改善に有効なので
す。

 

カカオ豆に含まれる成分にこれ程の嬉しい効果があるなんて最高
ですよね。

 

ますますチョコが好きになりました。でも食べ過ぎには十分注意
しましょう。

 

逆にいろいろ弊害が出てしまいますから、ほどほどに・・・。

スポンサードリンク