春の七草なんてよくいいますけど、いまいちわからない人います
よね?

 

七草粥を何で食べるのか意味がわからずに、なんとなく食べてい
る方も多いと思います。

 

七草粥は、いつ食べればよいのかわからずそのタイミングに困っ
ているそういう人もいるでしょう。

 

そこで、七草粥をいつ食べるのか、由来、七草の種類について紹
介したいと思います。

七草粥は、いつ食べる?由来は?

 

七草粥は、1月7日に食べます。これは、人日の節句の行事になり
ます。

 

人日(じんじつ)とは、五節句のうちのうちのひとつで、1月7日
にあたり、人の日を指します。

 

これは、中国から入ってきた風習です。

 

中国で唐の時代に人日に「七種菜羮(ななしゅさいのかん)」とい
う7種類の野菜を入れた羮(あつもの、とろみのある汁物)を無病息
災を祈り食べるようになったのが七草粥の由来と言われています。

 

その習慣が日本に伝わり、日本で昔からあった習慣の「若菜摘み」と
合わさり、日本でも1月7日に七草粥を食べるようになりました。

 

中国の習慣と日本の「若菜摘み」が合わさって1月7日に七草粥を食
べる風習ができたのです。

七草の種類について

 

七草粥を食べるのは、「無病息災」と「長寿健康」を願うためです。

 

また、お正月のご馳走で疲れてしまった胃腸をいたわるという理由も
あります。

 

七草粥の種類ですが、芹、なずな、御形(ごぎょう)、はこべら、仏
の座、すずな、すずしろの七つです。

 

には、食欲増進や、整腸作用があり、新芽がたくさんせりあって育
つので、「競争に競り勝つ」と言う意味があります。

 

なずなには、利尿作用があり、「なでて汚れを取り除く」と意味があ
ります。

 

御形には、せきを鎮める効果があり、「仏のからだ」をあらわしてい
ます。

 

はこべらは、歯槽膿漏に効果があり、「繁栄がはびこる」という意味
があります。

 

仏の座には、解毒作用があり、地面に広がっている葉を「仏の安座」
に見たてています。

 

すずなは、便秘解消効果があり、「神を呼ぶための鈴」の意味があり
ます。

 

すずしろは、食欲増進作用があり、白いことから、「汚れなき清白」
を意味します。

 

七草粥で食べられる七草には、さまざまな健康効果や、意味があるの
です。

 

七草粥の食べる日や、由来、七草の種類について紹介しました。

 

お正月が終わり、七草粥を食べるときに、ぜひ無病息災長寿健康
願いながら、食べてみて下さい。

 

七草には、いろいろな健康効果や縁起のよい意味があり、新しい年に
食べるのにピッタリですね。

 

ぜひ1月7日には、七草粥を食べて、家族の健康や長寿をお祈りしまし
ょう。

 

お正月のご馳走で疲れた胃腸もいたわりましょう。