晴れた日に、カーテンをバタバタすると飛び立つホコリ嫌ですよね?
つい最近掃除したばかりなのに何でこうほこりは出るんですかね。

 

ハウスダストは肉眼では見えにくいサイズのホコリで、アレルギーや喘息を引き起こす
厄介なものです。

 

ここでは知っておきたいハウスダストアレルギーについての対策などをご紹介します。

ハウスダストアレルギーはなぜ発症するの?

 

ハウスダストの半分以上は衣類などの繊維や綿埃ですが、ダニやカビ、花粉なども含ま
れています。

 

ハウスダストがアレル物質となるダニやカビ、細菌の住みかになっているわけです。
アレル物質=アレルギー物質

 

すべてが身体に影響を及ぼす訳ではありませんが、ハウスダストのなかには病原菌が含
まれることがありますので油断は禁物ですね。

 

特にダニは要注意です。

 

肉眼では見えませんし、高温多湿を好むので夏期に増えダニのフンも増えます。
ダニの死骸やフンも健康を害するので気を付けましょう。

スポンサードリンク



ハウスダストアレルギーの症状

アレルギー性鼻炎

 

ハウスダストのアレルギー反応は主に、くしゃみや鼻水です。体内に侵入した異物(ア
レル物質)を追い出そうと身体が防衛反応を起こしているのです。

 

ハウスダストが原因の通年性のものと、花粉が原因の季節性のものがあります。

アレルギー性結膜炎

 

アレルギー性鼻炎と違い、アレルギー性結膜炎はアレル物質が体内ではなく結膜に入る
ことで起こります。

 

目の充血やかゆみ、白眼の部分がブヨブヨになるといった症状があり通年性タイプと季
節性タイプがあります。(コンタクトレンズが原因の場合もあります。)

アトピー性皮膚炎

 

食べ物だけでなくハウスダストの原因物質でもアトピーになります。

 

強いかゆみで肌を掻いてしまい、傷がついたり細菌に感染し悪化するケースがあります。
10代で症状が治まることが多いのですが成人以降も続くと慢性化してしまうことがあり
ます。

気管支喘息

 

激しい咳き込みと息苦しさが症状です。

 

子供の場合は未就学期に発症することが多く、成人までに症状が改善されるものの再発
することがあるので注意しましょう。

 

成人の発症はアレルギーによる気道の慢性的な炎症が原因で、少しの刺激でも反応し息
苦しくなります。

ハウスダストのアレルギー対処方法

 

まずはダニや花粉を家の中にためないよう、小まめに掃除・洗濯をしましょう。

 

特に寝具やカーペット、足拭きマットなどはダニが繁殖しやすいので気を付けましょう。

 

また、ダニは高温多湿を好むので換気をして部屋に風を通すことが大切です。
除湿器や空気清浄機を使うのも手ですね。

 

最近は防ダニ加工された寝具やカーペットなど多く販売されていますのでチェックしまし
ょう。

 

室内に花粉を持ち込まないことや、ペットの身体をきちんと清潔に保つこともハウスダス
トアレルギーを防ぐのに有効です。
帰宅時に、外で衣服などを手で払い中に入るのも効果的です。

 

ハウスダストでこれほど人体に影響を及ぼすことがあるというのは恐ろしいですね。

 

掃除は面倒ですが、習慣化し小まめにすることで部屋がキレイに保たれアレルギーを防げ
ますので頑張りましょう。

スポンサードリンク