家の階段を昇り降りしている時やかかとから地面を踏むときに、頭に電気が走るような
痛みすごく嫌ですよね。

かかとを見てみるとぱっくり割れていて、中の肉?が顔をのぞかせている。想像するだけ
で痛くなってくるような気がします。

かかとがガサガサして乾燥してひび割れてきたり、痛いと感じるなら、ただの乾燥肌で
はない可能性があります。

それはかかと水虫という病気の恐れがあります。

 

かかと水虫とは、どういう水虫なのでしょうか?

 

かかと水虫とかかと水虫でかかとが痛いときの対処法と予防法について紹介します。

スポンサードリンク



かかと水虫とは?痛みがあったらどうする?

 

かかと水虫とは、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が、足水虫から徐々に角
質層に浸透することによって起こります。

 

足に多い水虫は、足水虫から、かかと水虫、爪水虫と徐々に広がるので、早めに対策
していくことが大切です。

 

かかと水虫とかかとの乾燥との見分け方は、かかとが乾燥してひび割れしてきたりし
たときに、保湿ケアを続けてみることでわかります。

 

保湿ケアをしっかり続けても、かかとのガサガサやひび割れが改善されないときは、
かかと水虫の疑いがあります。

 

かかと水虫を放置しておくと、かかとが更にカサカサになり、ひび割れして痛くなるの
で、早めに皮膚科で見てもらうことが大切です。

 

かかとに痛みがあるときは、すぐに皮膚科で見てもらいましょう。
皮膚科で見てもらえば、すぐにかかと水虫かどうかわかります。

 

皮膚科で薬を処方してもらえば、しっかり治療できます。

かかと水虫の予防法は?

 

かかと水虫の予防法は、足をボディソープなどで、

 

しっかり洗うことです。足を清潔に保つことが、かかと水虫の予防になります。
とくに帰宅後、すぐに足洗いすると効果的です。

 

足洗いは、丁寧に、足の指間もしっかり洗うようにしましょう。

 

雨が降って、靴下が濡れたときなどは、要注意です。しっかり、足を洗いましょう。
また、濡れた靴は、菌が繁殖しやすいので、靴乾燥機などでよく乾かしましょう。

 

じめじめした所に白癬菌は、繁殖します。
濡れた靴をそのままにしておくのは、危険です。
雨の日は、要注意です。汗をかきやすい季節も靴が蒸れやすいので、要注意です。

帰宅後、すぐに足洗いして、よく足を乾かしましょう。
靴も毎日同じ靴を履かないようにするとよいでしょう。

 

1日1回、しっかりきれいに足洗いして、濡れた靴は、よく靴乾燥機で乾かしたりして、
足水虫を予防していきましょう。

 

バスマットなども清潔に保つようにしましょう。

 

かかと水虫とかかと水虫でかかとが痛いときの対処法と予防法について紹介しました。

 

かかと水虫かな?と思ったら早めに皮膚科で見てもらいましょう。

 

また、しっかり予防していくことも大切です。毎日しっかり足洗いして、靴も濡れたら
、よく乾かしましょう。

スポンサードリンク