お世話になった方が、突然の不幸でお亡くなりになった時の悲し
みはひとしおだと思います。

 

ですが限られた時間で最後のお別れをしなくてはなりません。

 

急なことに対応するのは、身内であれば葬儀までのことも含め大
変だと思います。

 

ですが仕事や生活の上でお世話になった方のお別れは、ご葬儀で
はなくお通夜が一般的です。

 

昨今では、1日葬や家族葬などもあるためお通夜という場が減って
おりお別れができないこともありますが
従来のお通夜に参列したとき困らないようにしておきたいものです。

スポンサードリンク



そもそもお通夜とはどういう儀式

 

皆さんが生涯の中で一度は経験することのあるかもしれない、お
通夜。

 

お通夜とは、故人との最後の夜を過ごすためのものでひと昔前ま
では夜通し行われていた儀式となります。

 

しかし近年では、夜18時以降に参列するものが主流となってお
り、参列する人などにも変化があります。

 

基本的にはお通夜で故人と最後の夜を過ごした後、葬儀、告別式
、という日程で進めていくのですが、例えば葬儀に出る予定の人
は、このお通夜にも参列するのでしょうか。

 

基本的には葬儀に参列する場合、お通夜への参列は個人の判断で
す。

 

しかし、このお通夜が18時以降に短時間のみ行われるものにな
ったのは日中に仕事や諸事情などで参列できない人のため、と言
われているため、できれば参列するのが好ましいでしょう。

 

昔までは、身内に関してはすべての儀式に参加するものでしたが、
今ではお通夜のみ参列する方が増えているそうです。

一般的なマナーとは

 

まずは服装です。基本的には喪服を着ることが主流です。

 

お通夜とは急に行われるものになるので、服装に関しては平服で
もOKという言い伝えもありますが、お通夜の意味を考えると、や
はり喪服での参列がベストと言われています。

 

間違ってもカジュアルな服装や場違いな服装で行くのはやめたい
ですね。

 

服装に関しては、のちに説明します。

 

次に、流れに関してです。

 

まずは受付にて親族の方にお悔やみの言葉をかけます。

 

基本的には、「お悔やみ申し上げます。」というコメントが一般
的と言われていますが、とても仲の良かった方は思い出などを話
すこともあるそうです。

 

近年ではこの辺りがかなりフリーになってきているようですね。

 

次にお香典をし、記帳をします。フルネームでの記帳です。
そして棺桶のある場所まで歩き、お焼香を行います。

 

香典についても、のちに説明します。

 

ここまでが一連の流れです。

 

遺族の方に失礼のないよう、ここまでの流れはしっかりと頭に入
れておく必要があります。

 

初めての参列でも、ミスをしないよう練習をしたり、持ち物の再
確認をしたり、周りの経験者の方にやり方を教えてもらったりす
る必要がありますので日本人としての最低限のマナーとして身に
つけておくといいですね。

スポンサードリンク



お通夜の服装について

 

急なお別れ、時間的に余裕のないお通夜に参列するのは、参列す
る側もハードな時があります。

 

ご葬儀に参列するなら喪服は必須ですが、お通夜の場合はどうで
しょうか。

 

ここは急なことということで、喪服着用でなくても大丈夫です。

 

地域によっては、余り正式だと死を意識をして用意していたと思
われ、失礼と感じるところもあるようですが、

 

黒を基調としたダークカラーのお洋服を着用していけば失礼には
当たりません。

 

それなら気にせずお悔みに伺うことができますね。

 

もちろん、カラーは黒色が基本。
身につけるものとしてもアクセサリーはパールのみOK、それ以外
はNGとなっています。

 

女性については、スカートが短すぎず、メイクも濃すぎないもの、
できればナチュラルな状態で参列するのが礼儀です。

お通夜の小物は?

 

葬儀やお通夜の小物って困りますよね。

 

喪服を用意したときは、喪服・バック・靴ぐらいは揃えますが、
傘やコートというものはあまり眼中にないと思います。

 

まず傘ですが、明るめの物しかなければ取り急ぎビニール傘で大
丈夫です。

 

これなら懐に優しく用意できますよね。

 

そしてコートですが、女性の物はファーがついていたり金ボタン
だったりお通夜の席ではタブーとされているものが多いと思いま
す。

 

またカジュアルすぎるものなどは、場にそぐわないということも
あります。

 

やはりここは普段からベーシックなものを一つ持っておくのがベ
ストだと思います。

 

また、黒いストールなども重宝すると思います。

 

最近は斎場などで開かれることも多いので、クロークにコートを
預けてしまえばあまり気にしなくても良いと思います。

 

お別れの姿がご遺族にも伝わればよいと思うので、近場で調達で
きるもので整われるとよいと思います。

香典について|金額は?

 

お通夜でお別れをする間柄で、突然の不幸ですので5000円程
度が相場と思われます。

 

きっとご家族はお別れに来てくださるだけでもありがたく思うは
ずです。

 

その上香典までいただいては大変恐縮だと思っていると思います。

 

ご自身のお心が反映する、負担のない金額を包めば心が伝わると思
います。

 

悔いの残らないお別れのために、普段から少しづつ大人として用意
しておくとよいですね。

スポンサードリンク