インフルエンザのウイルスになると高熱が出るし、しんどいから、なりたくないです
よね?

 

そんな方に必見なのが、インフルエンザのウイルスを死滅させて撃退する方法です。

 

インフルエンザのウイルスを死滅させて撃退すればインフルエンザにかからなくてすみ
ます。

 

ぜひ実践してインフルエンザを予防しましょう。

 

また、インフルエンザにかかってしまった場合の対策も紹介します。

 

スポンサードリンク



何でもいいの?20分おきに、飲み物を飲むとインフルエンザを予防できる

 

今、インターネットで話題になっているのが、20分おきに、何でもよいので、飲み物を
飲むというインフルエンザの予防法です。

 

インフルエンザは、喉の粘膜に吸着して感染してしまうので、感染する前に飲み物を飲
むと、インフルエンザウイルスが、胃に流れてインフルエンザウイルスを死滅させるこ
とができるのです。

 

この方法は、お医者さんの間でも流行していて、お医者さんもこの方法を利用してイン
フルエンザウイルスを予防しているとのことです。

 

20分おきに、飲み物を飲むだけで、インフルエンザウイルスを死滅させて撃退できるな
んて嬉しいですね。

 

冬は、喉も乾燥しやすいから、ちょくちょく水分を摂る習慣を作るとよいですね。

インフルエンザにかかったら、38℃程度の熱は、我慢しよう

 

もし、インフルエンザにかかってしまったら、38℃程度の熱には、解熱剤を使用しない
ことがおすすめです。

 

発熱で38.5℃以上の体温になると、インフルエンザウイルスや、細菌は、死滅します。

 

知らないうちに、潜んでいた他のウイルスや、がん細胞なども死滅させてくれます。

 

インフルエンザで熱が出るのは、免疫システムが正常に働いている証拠です。

 

熱が、インフルエンザウイルスだけでなく、他のウイルスやがん細胞も死滅させてくれる
なんて嬉しいですね。

 

体温をこまめにチェックして38℃後半や、39℃まで上昇する場合には、脳炎を併発してし
まう恐れがあるので、解熱剤で熱を下げましょう。

 

それまでは、解熱剤を使用せずに病院で処方されたタミフルやリレンザを服用し、様子を
みましょう。

まとめ

 

インフルエンザを予防するには、喉に付着した、インフルエンザウイルスを20分おきに、
胃に流して死滅させる方法が効果的ですね。

 

ペットボトルを持ち歩くようにして、ちょくちょく水分を摂るようにしましょう。

 

インフルエンザにかかってしまったら、こまめに熱を測り、38℃程度の熱は、解熱剤を使
用しないことが、ウイルスを死滅させるのに効果的ですね。

スポンサードリンク