五節句とは一年の内にある五つの節句のことです。
五つの節句があるなんて言われないとわかりませんよね?

 

五節句」のうちのいくつかかの言葉は見聞きしたこと
はあっても、意味などはピンとこないですけど、実は雛祭りや子
供の日など私たち日本人に馴染みある節句です。

 

上で説明すると、ひな祭りというと、「桃の節句」であり、子供
の日でいうと、「端午の節句」というとわかりやすいですかね?

 

実際はそれ以外に3つあるということです。

 

五節句のそれぞれの意味などをまとめましたので、どうぞご覧下
さい。

人日・上巳・端午

人日(じんじつ)1月7日

 

五節句は奇数の重なる日が選ばれていますが、1月1日は元旦なの
で別格とされ1月7日が五節句の内の一つとなっています。

 

人日は「七草の節句」です。
七草粥を食べて一年間の無病息災と豊作を願います。

 

また、お正月で疲れた胃を休ませるために七草粥を食べるとも言
われています。

 

因みに七草とはスズナ・スズシロ・セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハ
コベ・ホトケノザの野草(野菜)です。

上巳(じょうし)3月3日

 

「上巳」ですと分からない人は多いかもしれませんが、桃の節句
です。

 

女の子の誕生と健やかな成長を祝うため、雛人形を飾ります。

 

一般的には女の子のいる家庭の祝い事とされていますが、元々は
病にかからないよう紙の人形を川に流していたのが始まりなので、
限定せずに楽しんで良いと思います。

端午(たんご)5月5日

 

「子供の日」として祝日になっていますが、それまでは「端午の
節句
」(菖蒲の節句)と呼ぶのが一般的でした。

 

端午の節句は男の子の誕生と健康を祝う日で、鯉のぼりや柏餅、
五月人形などと共に菖蒲湯が知られています。

 

五節句は中国から日本に伝わり、中国では旧暦の5月は病気が流行
り易かったことから「悪月」とされていました。

 

そして日本でも中国でも厄除けや健康祈願に使っていた菖蒲が、昔
も今も端午の節句に使われているのです。

【七夕・重陽】

七夕(しちせき)7月7日

 

笹の節句、七夕です。星祭りとも言われています。

 

七夕は元々「しちせき」と読んでいましたが、乙女が神様のために
着物を織る「棚機」(たなばた)という神事があったことから七夕(
たなばた)と呼ばれるようになったとされています。

 

そして短冊を笹に吊るすのは、笹竹が天に向かって真っ直ぐ伸びる
ことから、織姫と彦星の星まで願い事が届くようにという意味があ
ります。

重陽(ちょうよう)9月9日

 

菊の節句です。

 

一般的にはあまり知られていない節句ですが、長寿や繁栄を祈る行
事として行われていました。

 

五節句の中で一番大きな陽数が重なるので「重陽」と言われていま
す。

 

菊は切り花でも長く楽しめる、生命力の強い花です。

 

だからこそ長寿や繁栄を祈る節句の花に選ばれているのでしょう。

 

また旧暦の9月9日は10月ですからちょうど菊の花が美しい季節で
あることもあり、菊の節句と呼ばれるようになりました。

 

五節句は奇数が重なる縁起の良くない日に、厄除けをする事がそも
そもの始まりでしたが、改めて見てみると雅な行事ばかりに思えま
す。

 

慌ただしい日々だからこそ、節句の日ばかりは雅な心で楽しみたい
ものですね。