お正月になると鏡餅を飾りますが、鏡開きのやり方は、なんとな
くしかわからない方も多いですよね。

 

なんとなく毎年やっている感じの方も多いと思いますし、実際は
何のことを言っているのかわからないという方も多いはず。

 

そこで鏡開きのやり方や、お餅の食べ方などを紹介したいと思い
ます。

スポンサードリンク



鏡開きのやり方について

 

鏡開きは、1月11日に行うのが一般的で、年神様へのお供え物を
下げて、神様に感謝しながら一年の無病息災を願いながら食べる
習慣です。

 

鏡餅を食べることで神様から頂いた魂を分けていただくという意
味も込められています。

 

鏡餅をいつまでも放っておくとせっかく年神様が授けてくれたご
利益にあやかることができないので、11日になったら、すみやか
に鏡開きをして、福をいただきましょう。

 

鏡開きをするときに重要なのが包丁で切っては、いけないという
ことです。

 

刃物を使って切ることは、神様に刃物を向けるということに繋が
るので、やめましょう。

 

正しいやり方は、やどっていた神様に感謝の気持ちを捧げながら、
丁寧に鏡餅を下げます。

 

鏡餅の表面についたほこりなどを濡れふきんなどで丁寧に払い落
とします。

 

木槌で「よいしょー」と掛け声をかけながらお餅を割ります。

 

真空パックのお餅などは、ひびがなくて木槌では、割れないので
、焼いてからちぎったり、茹でてからちぎったりして、わけまし
ょう。

鏡開きしたお餅の食べ方は?

 

鏡開きしたお餅は、お汁粉にしたり、揚げてかき餅にしたりもさ
れますが、茹でて食べても大丈夫です。

 

長時間飾っていて乾燥したお餅も茹でるともちもちになりおすす
めです。

 

真空パックに入った小分けされているお餅なら、そのまま焼いて、
ちぎって分けて食べてもよいですね。

 

もちろん、茹でても柔らかくておいしくなります。

 

みんなで、無病息災を願いながら、おいしくいただきましょう。

 

基本的においしく食べられれば、どんな味付けにしても大丈夫です。

 

きな粉でまぶしたり、醤油につけたり、好みの味付けでいただきま
しょう。

 

神様に感謝の気持ちを込めながら無病息災をお祈りし、おいしくい
ただきましょう。

まとめ

鏡餅の鏡開きのやり方とお餅の食べ方を紹介しました。
鏡開きのやり方を知ると、鏡開きが楽しみになりますね。

 

鏡開きは、無病息災を願って神様に感謝の気持ちを捧げながら、鏡
餅を食べる日だったのですね。

 

鏡開きでどんなふうに、お餅を食べようか考えるのも楽しいですね。

 

ぜひ、家族揃って神様に感謝しながら無病息災をお祈りして、鏡開
きを楽しみましょう。

スポンサードリンク