七五三や受験を控え、お寺にお参りする人が増える時期になりま
した。

 

けれど、お寺へ着いたのはいいけれど、いざお参りしようとして
も参拝の手順が曖昧でまごついてしまうことがないように少しこ
こでおさらいしてみましょう。

お寺のお参り作法1・山門から手水舎まで

 

まず山門で一礼をしましょう。

 

山門は仏殿への入り口なので入る前にかならず礼をしてください

 

人様の家にお邪魔する時にご挨拶するのは最低限の礼儀であるの
と同じですので気を付けましょう。

 

山門の左右に仁王像が安置されている場合には両像に手を合わせ
てから通るとおな良いですね。

 

そして参道を通る場所ですが、ご自由にお通りくださって構いま
せん。

 

神社では参道の中央は神様の通り道なので人は端を歩くのがマナ
ーとされていますが、お寺では問題ありません。真ん中でも端っ
こでも大丈夫ですよ。

 

さて参道を抜けると手水舎です。

 

ここでまごつく人は多いですよね。

 

でもせっかくお参りするのなら穢れを落としてからの方がご利益
もあるでしょうし、頑張ってマスターしましょう。

 

基本としては神社と同じ順なので覚えておくといざという時慌て
ずに済みますね。

 

1.柄杓を右手で持ち左手に水を掛けて清め、左手に持ち代えて右
手を清めます。

 

2.柄杓を右手に持ち直し、左手に水を溜めて口をすすぎましょう。
よく柄杓に直接口をつけてしまう人がいますが、あれは絶対ダ
メです。

マナー違反なので気を付けましょう。

 

3.最後に左手に水を掛けて清め、両手を添えて柄杓を垂直に立て
て残りの水で柄に流し、元の位置に戻してください。

少しややこしいかもしれませんね。
左手・右手・口・柄杓の順を覚えておくと良いでしょう。

 

お寺によっては手水舎がない所もありますので、その場合はそのま
ま本堂前に進んでください。

スポンサードリンク



お寺のお参り作法2・常香炉と本堂

お寺にある常香炉は、仏様にお香を供えその煙を浴びることで心身
が清められ、また身体の悪いところに煙をつけると良くなると言わ
れています。

 

常香炉があるお寺では本堂に行く前にぜひ立ち寄り、清らかな心で
ご本尊と相対しましょう。

 

さて、神社では二礼二拍手一礼がマナーとされていますが、お寺で
は作法が異なります。

 

本堂に着きましたらまずお賽銭をそっと入れます。
よく見かけるのが、勢いよくかなり遠くから投げ入れる方を見ます
がNGなので気をつけましょう。

 

というのは、お寺でのお賽銭はお布施であり、煩悩を捨て去る修行
なので、ポイッと投げずに手を伸ばしてそっと入れましょう。

 

鈴がある場合には3回鳴らしてから静かに合掌し祈願しましょう。

 

ご利益祈願した後にご本尊の名前の前に「南無」を付けて唱え、合
掌したまま礼をするとさらに良いですね。

 

祈願が済みましたら感謝の心で一礼します。

 

作法は大切ですが「礼」の心を尽くすことが何より大切です。
お参りの際は穏やかに清らかな心でお参りしましょう。

 

では、行ってらっしゃい。

スポンサードリンク