2月14日のバレンタイン。本当は思いを寄せる彼氏にチョコレー
トを渡し、気持ちを伝えるはずだけど、義理チョコを配るのがも
う当たり前になっている。

 

バレンタインはキリスト教の行事の一つで、海外が発祥なので日
本では当たり前となっている、義理チョコを配るのは海外でも風
習になっているのか調べてみました。

 

スポンサードリンク



西ヨーロッパ

西ヨーロッパ諸国では、恋人に花やカード、ケーキなどを贈るこ
とがある日である。

 

日本ではほぼチョコレートを渡しているが、西ヨーロッパではチ
ョコレートを渡すことは少ないらしい。

 

また、バレンタインに恋人へ贈り物をするのは女性から男性だけ
でなく、男性から女性のケースも珍しくない。

 

もう一つ、日本と異なるのは「好意を持つ人に、愛の告白をする
日」ではないということです。

 

既に付き合っている恋人同士で、互いにプレゼントを贈りあい、
愛を確かめる日とヨーロッパでは認識されています。

 

片想いの相手、好意を持つ異性にチョコレートを渡し、告白する
というのが定番になっている日本とは、かなり意味合いが違って
きますね。

アメリカ

 

アメリカでもバレンタインはプレゼントを贈り、愛を確かめる日
と認識されています。

 

しかし、ヨーロッパのようにお互いが贈り合うのではなく、男性
から女性にプレゼントを渡し、愛の告白をするということです。

 

海外ドラマでよく、花束を持った男性が、好意を持った女性の前
に現れ、花束を渡して愛の告白をするというシーンを目にしませ
んか?

 

実際にアメリカのバレンタインはあんな感じみたいですね。

 

学生の頃は、日本と同様、学校にチョコレートや手作りのカップ
ケーキを持っていき、友達に配るそうです。しかし会社では、友
達に配る程度で、日本のように同じ職場の男性全員に配るという
事はないそうです。

西アジア

 

インド、イスラム圏などキリスト教以外の国では、異教徒の行事
として禁止していることが多いようです。

 

イスラム圏の中でも先進国のサウジアラビアでさえ、「バレンタ
インデーを祝った者は、最高刑で死刑もありうる」と当時の勧善
懲悪委員がTVで発言したこともあります。

 

そのため、バレンタインにチョコレートを渡す行為などは宗教警
察の取り締まり対象になる可能性もあります。

中国

 

中国ではバレンタインデーは「情人節」という行事に名前を変え
ていますが、内容はアメリカのバレンタインと同じように男性か
ら女性へプレゼントを渡し、お互いの愛情を確認する日だそうで
す。

 

また贈り物はバラの花束が定番となっています。

 

告白して付き合うというカップルは少ないそうなので、中国でバ
レンタインを祝うのは恋人だけなんです。

 

従って、日本のように義理チョコを配るという文化はありません。

スポンサードリンク