季節が冬になると怖くなってくるのが「インフルエンザ」です。

 

家族の誰かが一人でもかかってしまうと、家族内で次々とインフ
ルエンザにかかってしまうというケースも少なくありません。

 

家族内でインフルエンザを撒き散らさないためにも、きちんとし
た予防と対応が必要です。

スポンサードリンク



インフルエンザは家族内でどのように広がるのか

 

家族内でインフルエンザが広がってしまう1番多いパターンとして
、「乳幼児から家族全体へ」というのが多いです。

 

乳幼児の場合は、家族内でも発症率が1番高く、インフルエンザ
かかってしまった乳幼児から菌が次に移ってしまうことが多いのが
「母親」です。

 

兄弟がいる家族では、乳幼児から兄弟へということも多くあるので
すが、どうしても乳幼児に接することが多くなる母親が感染してし
まうというケースが多いです。

 

今だけの話では、乳幼児から大人へ移るというイメージですが、逆
に大人から乳幼児へ移るというパターンもあります。

 

このパターンの場合では、母親から乳幼児へ移るパターンよりも感
染率は「父親から乳幼児へ」移るパターンが意外と多くあります。

 

父親がインフルエンザにかかってしまうと、父親から母親へという
大人から大人へのパターンの感染率も高くなります。

インフルエンザは早めの予防と対応が大事

 

外に出てしまうと、どこかでインフルエンザをもらってきてしまう
のは仕方ないことでもあります。

 

なので、家族内の誰かがインフルエンザがかかったとしても家族内
の感染を少しでも抑える対応が必要です。

 

簡単なところでは「マスク」や「寝場所を変える」などがあります
が、1番大事なことは「インフルエンザを発症している人と食事をし
ない」ということです。

 

一生懸命インフルエンザ予防をしているのに、インフルエンザを発
症している人と食事を一緒に取る家族は少なくありません。

 

同じテーブルで食事して家族内で感染が広がるというケースも多く、
インフルエンザを発症している人とは食卓を分けるということもイン
フルエンザ予防には大事な対応になります。

インフルエンザにワクチン接種は効果があるのか

 

インフルエンザにかからないように予防するためには、1番簡単な方
法として「ワクチン接種」があげられます。

 

ワクチン接種をしている家族に対してワクチン接種していない家族の
インフルエンザの家族内感染率は「高い」です。

 

そのため、家族内でのインフルエンザ感染を予防するためにワクチン
接種をすることをおすすめします。

スポンサードリンク