寒さの厳しい季節になると、困るのが窓の結露ですよね。
窓から水が滴る光景、その後の処理を考えるだけで億劫になります

 

特に北側の窓は結露をそのままにしてしまうとカビが繁殖してしま
う事もあります。

 

そこで窓の結露を防ぐ方法などをご紹介したいと思います。

窓の結露を防ぐ方法

 

北側の窓の結露を防ぐには北側の部屋に換気扇があるのなら、換気
扇を回して部屋の中の湿った空気を外に追い出しましょう。

 

結露でカビが繁殖すると、カビ臭がするようになりますし、空気中
の菌が増えるので健康を害する恐れがあります。

 

部屋が寒くなると敬遠されがちですが、換気扇を回すことで窓の結
露を防ぐのは簡単で有効な方法です。

 

可能であれば窓を二重窓にしたり、換気システムを取り付けるなど
のリホームもオススメです。

 

結露は電気ストーブとエアコンと相性がいい?

 

暖房器具を電気ストーブかエアコンにすると良いですね。

 

石油ストーブやガスストーブは使用すると水蒸気を出しますので結
露の原因になります。

 

結露は冷たい外気と室内の暖かい空気中の湿気が窓に触れて冷える
事で起こりますので、ガス・石油ストーブは避けた方が無難です。

 

電気ストーブやエアコンは水蒸気を出さないので、結露させてしま
う心配がありません。

 

最近は省エネのエアコンが多く出ていますので、一度検討してみて
はいかがしょう。

 

さらに除湿器はお手頃価格で結露対策としても簡単ですよね。

 

室内の空気中にある水分や湿気を除湿器で取り除いてしまえば、結
露を防ぐことが可能です。

 

しかも除湿器はリーズナブルな上にタイマー機能もあるので、就寝
前などにセットして置くこともできますよね。

 

その時は除湿器を窓の近くにスタンバイさせましょう。

 

カビには次亜塩素酸ナトリウムが最適!?

 

すでにカビが繁殖してしまったらすぐに目につく窓などは結露して
もマメに拭くことでカビの発生は防げます。

 

けれど押し入れやクローゼットの中はカビ臭がするまで気付かない
場合があります。

 

その時は次亜塩素酸ナトリウムでしっかり取り除きましょう。

 

次亜塩素酸ナトリウムはドラッグストアなどで購入できますので、
有効塩素濃度4%未満の次亜塩素酸ナトリウムを買って下さい。

 

次亜塩素酸ナトリウム1に対して水3を混ぜたものを、カビが生え
た所とその周辺にスプレーしましょう。

 

30~60分経過したら固く絞った雑巾でしっかり拭いて下さい。

 

乾いた後でさらに防カビスプレーをすれば完璧です。

 

以上で繁殖したカビを除去することができますが、一番いいのは
やはり事前に対策し結露させないことですね。

 

換気扇や電気ストーブ、除湿器などを上手に使って結露しない部
屋を目指しましょう。