今年、2018年も終わりに近づいてきました。

 

初物の話をすると鬼が笑うといいますが、準備という点では年末
年始の行事を考えると早すぎることはない時期となってきました

 

「鬼が笑う」の鬼といえば、節分の豆まきを思い浮かべます。

 

その時とほぼ同時に思い出すのが「恵方巻」。聞いたことあります
よね?

 

ここ最近ですがテレビでもよく耳にします。

 

でもこの「恵方巻き」、どこから来たのでしょう。

 

普段特に気にすることなく「恵方巻き」を食べていましたが、ふと
気になったので調べてみました。

恵方とはなに

もともと恵方とは、日本の陰陽道が起源で、年の干支でよいとされ
ている方角のことです。

恵方巻の起こりは、よいとされているその方向にむいて巻物を食べ
ることから、恵方巻といわれるようになりました。

そこに年神様がいるとされており、幸福の神様です。

節分自体は本当は年に何回もあったのですが、習慣として、定着し
ていったのが、旧暦の新年である2月でした。

本来は関西地方で行っている慣習でしたが、近年になって、全国チ
ェーンのスーパーなどの流通の発達やイベントごととして、徐々に
全国に広がっていきました。

スポンサードリンク



2019年の恵方はどっちの方向なのか

あと少しで2018年も終わりが徐々に近づいてきています。2019年、
旧暦の新年ですが、2月3日です。恵方はどちらになるのでしょう。

毎年干支が違うので、恵方も当然違います。

ではどっちの方向が恵方化ということですが、2019年はずばり「
東北東」となります。

恵方巻の正しい食べ方

ところで関西ではもともとあった習慣とされていますが、正しい
食べ方があるのを知っていますか。

正しく食べないと、幸福が訪れにくいとされていますので、穏や
かではありません。

ならば、少しでも幸福になって、あやかりたいと願うのは人の願
いであり、誰しもが思う希望です。

では、どうやって食べるのが正しいのでしょう。

恵方巻きの食べる時の注意

その年の恵方を向く
誰とも話さず、一気に休まないように恵方巻を食べる

・食べる時の注意
恵方巻は、巻物は大きいままで食べること、切ってはいけません

巻物は丸かじりします。

子供など大きい巻物が無理な人は、細巻きなどで工夫して一気に
食べれる配慮をして食べましょう。

食べ方と注意点について述べましたが、わかりましたか。
気を付けて食べないと、幸福つまりご利益が薄いまたはかなわな
いといわれています。

恵方巻のまとめ

節分の楽しいイベントの一つとして考えれば、豆まき以外の行事
としても楽しめます。

また季節の楽しみとして子供たちにも、日本の文化を伝えていく
手段として、ぜひ活用してください。

スポンサードリンク