みなさんは節分が、なぜ行われているかご存知ですか?

 

毎年2月の初め頃に行われる節分ですが、特に理由などはわかりま
せんでした。

 

豆が撒かれ始めた理由や節分の起源や日本各地での節分の種類な
どを紹介したいと思います。

どうして豆を撒くようになったのか?

豆を撒くようになったのは諸説あるが、1番有力な説は、室町時代
の日本では豆や穀物を撒く風習があり旧暦の元旦が立春でその前日
が節分の日です。

 

そして8世紀頃の日本では旧暦の大晦日に豆を撒いて邪気を払う習
慣が宮中行事としてありました。

 

それが合わさり神社などで節分の日に豆が撒かれるようになり徐々
に庶民に広まっていったと言われています。

スポンサードリンク



節分の起源とは?

節分の起源は昔は季節の変わり目は良くない事が起こると思われて
いて、その時の邪気を払うために行われた行事ごとが起源と言われ
ています。

 

季節の変わり目を分けるので「節分」と言うようになりました。

 

今の節分は2月の初め頃に行いますが「立春」が季節の分かれ目とし
てあるのでその前の日が2月の初め頃だからです。

 

特に立春は寒さが一番厳しいという事もあり今も残っているそうで
す。

 

したがって昔は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の日が節分
の日という事になります。

地域事の節分の種類

日本の各地域のによって節分のやり方が違います。

 

群馬県の鬼石地域では掛け声が「福は内、鬼は内」と福も鬼も両方
とも家に呼び込む掛け声をするそうです。

 

その起源は鬼石の方では鬼が石を投げて出来た所として言われてい
るそうで、鬼は悪いものではないとしているそうです。

 

また北海道、東北地方、信越地方では豆ではなく落花生を、撒くそ
うです。

 

なので節分の日が近づくと落花生がスーパーで売られて並べられい
るそうです。

鬼は外、福は内の語源

鬼は昔の日本では邪気や邪象として位置づけられていました。

 

季節の変わり目の節分では、よくない事が起こると言われていまし
た。

 

その時の掛け声として日本に広く伝わったと言われています。

 

誰が言い始めたかと言うのはいまのところ分かっていませんが基本
的に昔の節分は掛け声などはなかったそうです。

 

まとめ

 

以上が豆を撒く事になった理由、節分の起源や日本各地での節分の
種類です。

 

これ以外にも諸説あるそうで中国から伝わったものと関係している
らしいです。

 

節分の起源は江戸時代頃には庶民に定着していたものなので、その
ように考えると少しずつ節分の形が形成されていき日本全国に広が
っていったものだと思います。

スポンサードリンク