朝晩と冷える季節になってきました。

 

寒くなると肌の乾燥が気になりますよね。

 

ワセリンはハンドクリームやリップクリームとして使用できる優れ
ものです。

 

ワセリンの効能など、魅力をご紹介します。

ワセリンの効能、副作用

保湿力に優れたワセリンは全身のカサつきに使用でき、リップクリ
ームとしても使えます。

 

ワセリンは優れた保湿力と保護力を持っていますが、顔に使用する
時はちょっと注意が必要です。

 

まずワセリンを塗る前に、化粧水や美容液を塗ると保湿力がアップ
します。

 

顔に塗るだけならほんの微量で十分です。

 

手のひらで温めて伸ばし乾燥など気になる部分にちょっと塗るだけ
にしましょう。

 

塗りすぎてしまうと空気中のホコリを吸着してしまいますし、それ
が肌への悪い刺激になってトラブルの原因になる場合があります。

 

ワセリンは保湿力が高い分、使用するとベタつきが気になるかもし
れませんがティッシュで軽く肌を押さえましょう。

 

リップクリームやカサつく肌にも使えるワセリンですが、まだ他の
使い方もあるのです。

 

実はワセリンは化粧下地としても使用できます。

 

女性は肌にトラブルがある時でも化粧が必要な場合がありますから
辛いですよね。

 

そんな時はぜひワセリンを活用しましょう。

 

普通の化粧下地では肌のトラブルが悪化してしまいがちですが、不
純物の入っていないワセリンならそんな心配は要りません。

 

保護力が優れているので十分化粧下地として使用できます。
ですがくれぐれもつけすぎには注意しましょう。

 

また、ワセリンは口紅の色落ちを防いでくれます。口紅を塗った上
からワセリンを薄く塗り、コーティングする事で色落ちしにくくで
きます。

 

さらにヘアケアにも有効です。

 

枝毛が気になる人はシャンプーの後、ワセリンを少量手のひらで温
め伸ばしてから毛先に塗りましょう。

 

こうすることで摩擦が減ります。

スポンサードリンク



ワセリンに二つの種類がある?

ワセリンは石油を精製して作られた、皮膚の保護剤です。

肌の乾燥対策や保湿に使用でき、顔にも身体にも使用できます。

ドラッグストアなどでは、「ワセリン」と「白色ワセリン」がありま
す。

ワセリンのほうは少し色が黄色っぽいですね。

ワセリンは石油を精製して作られていて、生成する時の純度の高さで
色が変わるのです。

純度の高いモノが白色ワセリンとなっています。

顔などにつけるのであれば、純度の高いものがおすすめです。

ワセリンが石油から作られたのもと聞くと、使用を躊躇う人もいるよ
うですが、ワセリンは医療現場でも活躍しています。

安全で頼れる保護剤なのです。

また保存性も優れているワセリンは、植物油のように脂肪酸を含まな
いため水に強く酸化しにくい特長を持っています。

つまり衛星的に使用すれば数年間の使用期限まで、長く愛用できるの
です。

いかがでしたか?ワセリンは本当に万能ですので、普段から常備して
置くと色々使えて重宝できそうですね。

長く使えてコスパが良いのも魅力的です。

スポンサードリンク