寒い時期に近づくと空気が乾燥して乾燥肌の方にとっては嫌な季節
かもしれません。

 

肌の乾燥がひどいとカサカサになってとても痒くなっていきます。

 

ではなぜ痒くなるのでしょうか?アトピーや皮膚疾患で肌が痒くな
るのもなぜ痒くなるか少しご紹介します。

乾燥肌の原因

乾燥肌は肌の水分が失われていき痒くなっていくものです。

 

この肌の水分量は個人差があって人によって乾燥肌ではない人とあ
る人に別れます。

 

また、比較的子供は体内中の水分が多いので乾燥に強いと言われて
います。

 

今現在乾燥肌の方も子供の頃はそれほど空気の乾燥が気にならなか
ったと思います。

 

スポンサードリンク



乾燥肌の予防

 

乾燥肌の予防には保湿が一番良いでしょう。

 

保湿クリームなどは市販で売られているのでまずはその辺りから使
うと良いと思います。

 

ただ使用容量など守らないと効果は半減してしまうので容量は必ず
守るようにしてください。

 

また使用するときはお風呂上がりが1番効果はあります。
お風呂上がりは水分を肌に多く含んでいるので保湿クリームを使う
と効果的です。

乾燥肌とアトピーの違い

 

アトピーと乾燥肌肌では肌の表面のバリアが壊されて症状が出ると
いう点では同じですが、そのバリアを壊す原因が違います。

 

乾燥肌は肌の表面の角質細胞や角質細胞膜が壊されて肌が耐えきれ
ず炎症を起こします。

 

アトピーの場合は肌の表面に対してアレルギー反応を起こすために
炎症を起こします。

 

アトピーのアレルギーは人それぞれ違うものがあり、ダニや花粉そ
の他に化学薬品などにも反応してしまう人もいます。

 

乾燥肌とアトピーは症状などは同じようですがアトピーの方が症状
は重いですし、症状が出る時期も夏場でも出てしまいます。

アトピーの予防と対策

 

アトピーはその要因がさまざまなあるので個人によって予防と対策が
変わってきます。

 

まずはアトピーかなと思われたらすぐに皮膚科に行く事です。
早く分かることによって直ぐに治るかもしれません。

 

放っておくと手遅れになりその後の人生に大きな弊害になるかも知れ
ません。

 

自分で出来るケアとしては乾燥肌と同じく保湿が大事になってきます。

 

肌はある程度の水分がないと回復していきません。あとはストレスなど
も原因になっているかも知れませんから生活習慣を見直すことも大事で
す。

 

乾燥肌とアトピーは根本的に原因が違いますが保湿をしっかりすろとい
う点では共通しています。

 

今現在乾燥肌やアトピーで悩まれている方は、皮膚科に行き適切な処置
をされるのが賢明だと思います。

スポンサードリンク