いびきをかいて寝ているのを家族やパートナーに聞かれたことはあ
りませんか?

 

 

 

女性の方なら「まさか自分が」「女性なのに」と恥ずかしくなって
しまう人もいるかもしれません。

 

しかし、いびきというのは男女関係なく、様々な原因でかくもので
す。

 

いびきのことを知っておくことで、いびき対策やいびきを予防する
ことができるので、頭に入れておきましょう。

いびきの原因は色々ある?

 

いびきをしてしまう原因として、「鼻づまり」や「疲労」「風邪」
などがあげられます。

 

さらに、上気道の筋緊張を弱めてしまう「飲酒」や「麻酔薬」など
によってもいびきを引き起こされ、「喫煙」が危険因子であること
が確認されています。

 

いびきは男女問わず引き起こされますが、加齢や肥満度指数の増加
とともに発生しやすいことも確認されています。

 

いびきは色々なことが要因となって発生するのですね。

スポンサードリンク



良いいびきと悪いいびきがあるの知ってた?

 

「いつもはいびきをかかないのに、飲酒した時だけいびきをかく」
などの一時的ないびきの場合は、心配ありません。

 

「単純性いびき」と言われるのですが、いびきの原因になっている
ものを取り除けば、いびきはしなくなります。

 

しかし、「毎日、いびきをかいて寝ている」場合には注意が必要で
す。

 

いびきというのは「睡眠時無呼吸症候群」の代表的な症状のひとつ
です。

 

ですから、寝ている時にいびきが止まったり、寝ている時に息をす
るのが苦しそうだったら、睡眠時無呼吸症候群を疑う必要があり、
専門医に早めに相談するようにしてください。

憎いいびきを対策するには

いびきの原因になる部分というのは「上気道」です。

 

上気道を広く保つことが、いびきの対策に繋がります。
上気道を広く保つために簡単な方法としては「横向きに寝る」ことで
す。

 

仰向けに寝るより横向きで寝る方が上気道を広く保つことができるの
で、抱き枕などを使い、横向きでも寝姿勢が安定するようにしましょ
う。

 

現在では、様々ないびき対策グッズが販売されていますので、自分で
試せそうなグッズは利用してみると良いでしょう。

いびきの好物は肥満!?

もうひとつ対策として、いびきの原因となっているのが「肥満」です。

 

「肥満を解消しましょう」と言いたいところですが、簡単にダイエット
できれば苦労しません。

 

しかし、肥満になると、のどの内側にも脂肪がついてしまい、さらに舌
も太くなってしまい、気道が狭くなってしまいます。

 

そうならないためにも、適度な運動、バランスがとれた食事をするよう
にして、体重コントロールをしましょう。

いびきに潜む病気のリスクに気を付けよう

 

いびきの大事なことは、いびきの原因とそのいびきに潜む他の病気のリ
スク見極めることです。

 

いびきをしていることは自分ではわからないことが多いので、周りの人
に協力してもらい、自分のいびきはどのようなものなのかを確認しても
らうと良いでしょう。

スポンサードリンク