パーキンソン病は、脳の異常によって引き起こされる病気ということがわかっています。

 

脳が原因ということで、一見突然なってしまう病気だとおもわれがちですがそうではなく、
パーキンソン病になりやすい人の傾向があるのです。

 

そのような傾向があるのか、また、症状について紹介したいと思います。ぜひ参考にして
みて下さい。

パーキンソン病になりやすい人や、なりやすい人の傾向とは?

パーキンソン病は、加齢とともに発症しやすくなりますが、それ以外にも性格がまじめだ
ったり、几帳面、がんこな方がなりやすいようです。

 

また、運動不足や、睡眠不足、ストレスなどもパーキンソン病の原因とされています。

 

ITエンジニアの方にパーキンソン病が多いのも、ストレスや睡眠不足が関係しているのか
もしれません。

 

運動不足は、パーキンソン病には特によくなく、運動不足や、動かない生活をしていると、
脳と筋肉の神経がやせ細っていくので、危険です。

 

予防には、ストレスをためないことや、睡眠をよくとることや、適度な運動をしていくこと
が大切です。

 

スポンサードリンク



パーキンソン病の症状について

 

パーキンソン病の症状には、2つあります。

 

脳内物質の減少により起きる運動症状と、それ以外の非運動症状です。

 

運動症状では、手足の震え、手足のこわばり、姿勢反射、無動などの症状が起こります。

 

これらの症状がおこると、日常生活に支障がおきることもあるので、注意が必要です。

 

次に、非運動症状ですが、自律神経の乱れにより、便秘、排尿障害、発汗異常などを起
こします。

 

他に、精神障害で、うつ病を発症したり、睡眠障害になったり、認知機能障害になったりします。

 

パーキンソン病の予防について

パーキンソン病の原因は、まだはっきりしていないので、現状では、確実な予防法は、な

いのですが、パーキンソン病と関係のある脳内物質の減少を防ぐことが大切なようです。

 

脳内物質の減少を防ぐには、好きなことをしてドーパミンを増やすようにしたり、適度な

運動をしたりするとよいでしょう。

 

ストレスもためないように工夫していくことも大切です。

 

また、チロシンは、ドーパミンや神経伝達物質の原料だから、チロシンを含む食べ物を積
極的に食べるとよいです。

 

チロシンを含む食べ物は、乳製品やアーモンド、大豆などです。

 

牛乳を飲んだり、納豆を食べたりして、生活に取り入れてみましょう。

 

パーキンソン病になりやすい人とパーキンソン病になりやすい人の傾向、症状、予防につ
いて紹介しました。

 

パーキンソン病にならないようにするには、ストレスをためないで、適度な運動をしたり
、楽しいことをするようにしていくことが大切ですね。睡眠不足にもならないように注意
していきましょう。

スポンサードリンク